2020東京五輪で「ジャパニーズフード」をアピールするために、まだ足りないこと

カテゴリ:国内

  • 多くの外国人観光客が訪れる東京五輪で「食のおもてなし」
  • 料理研究家「ここ数年で日本料理のイメージが変わってきた」
  • 「東京五輪では“粉もん”やB級グルメが人気になるかも」

「おいしい国」日本

2020年東京五輪で世界に伝えたい日本の魅力は?と聞かれたら、何を思い浮かべるだろう?

都市と下町が共存する町並み、ほぼ時刻通りに到着する列車、治安の良さ...
さまざま考えられるが、食文化の豊かさは間違いなく候補に入ってくるはずだ。

日本原産のわさびが海外で栽培されるケースも(画像はイメージ)

ユネスコの世界無形文化遺産に選ばれた「和食」をはじめ、「食のおもてなし」も是非、外国人観光客に堪能してもらいたい。

最近では、日本原産の食材が海外に広まることもあり、例えばワサビは、豊かな風味に着目した外国人たちが、イギリスやオーストラリアでも栽培するようになった。緑茶も好調で、財務省貿易統計によると、2018年の輸出額は過去最高の約153億円にのぼっている。

カレーやラーメンはどこの料理?

それでは、外国人は“日本の食”に何を求めているのだろうか。

和食はもちろん美味だが、日本の「おいしいもの」は他国の食文化が発展した料理も多い。
その筆頭が、私たちの国民食と言っても過言ではない「カレー」と「ラーメン」。

日本のカレーはコメだが、インドカレーはナンを食べる(画像はイメージ)

本場インドのカレーはサラッとしてスパイシーだが、日本のカレーはドロッとしてやや甘めだ。
ラーメンにおいても、中国は細麺でスープもあっさりなのが特徴。一方で日本のラーメンは、縮れ麺や濃厚なスープを売りとするお店が多い。似ているようで違う。

これらの料理を日本食と見るかは意見の分かれるところだが、寿司がアメリカで発展した「カリフォルニアロール」のように、他国でも同じような例はある。この記事では、日本でしか味わえない食文化を「ジャパニーズフード」と定義したい。

カリフォルニアロールはノリを内巻きにするのが特徴(画像はイメージ)

そんなジャパニーズフードの魅力を東京五輪期間中に伝えるためには、どうすれば良いのだろうか。そして、外国人に受け入れられやすい料理はどんなジャンルなのか。

今回は欧州・北米・アジアなど、30ヶ国以上を訪れたことがあり、海外向けの料理番組も持つ、料理研究家・行正り香さんに取材。海外での経験や関係者からの評価を踏まえ、日本の食文化を分析してもらった。

日本料理のイメージが変わってきた

――海外におけるジャパニーズフードの評価は?

日本料理と言えば「寿司」でしたが、ここ数年で多彩なメニューが認知されるようになりました。居酒屋の小料理や麺料理なども好まれるようになり、日本料理のイメージが変わったと思います。

私はこの変化を、インバウンドが増えた影響と考えています。
外国人も初来日のときは、日本的な料理を好みますが、何回も訪れるようになると「別の料理にもトライしよう」となるものです。そんな人が増えているのではないでしょうか。私も海外向けの料理番組に出演していますが、日本の食文化が発信される場所が増えたように感じます。

料理のバリエーションの多さ、安さには驚く人が多いですね。「日本は日本食だけじゃない」「イタリアの次にイタリアンがうまいのは日本」という声を聞いたこともあります。


――外国人は日本での食事に何を求めている?

一番は「ヘルシーで洗練されている」ことでしょうか。海外で日本食を表現するときは「sophisticated(=洗練された)」という言葉がよく使われます。

例を挙げるなら、お椀やご飯茶碗。日本では、料理に合わせて形・色・素材が異なる食器を使い、小鉢料理やふた付きのお吸い物もありますよね。これらは海外ではめずらしく、洗練されていると感じるそうです。

また、コンビニのおにぎりやお弁当ひとつとっても「繊細で驚く」という声も聞きます。


食器の多彩さに洗練を感じるという(画像はイメージ)

――日本と海外の食文化はどう違う?

日本の食事は「五味五感」で変化を楽しむものが多いですね。盛り付けや香り、調理音まで特徴になります。また、季節感も大切にしていると思います。節分の「恵方巻き」など、慣習に沿ったメニューもあります。

海外からの評価では、「日本は食事の食べ合わせの知恵が面白い」と言われますね。
例えば揚げ物でも、とんかつの付け合わせにキャベツを添えるように、食べ合わせや健康に気を遣った食べ方をします。小さなころから給食に触れ、食育を学ぶからかもしれません。

日本と海外の違いを挙げるとすれば、料理店に求めるものは違います。
日本人は「料理の味」がお店の評価に直結する傾向にありますが、海外は食事に「エンターテイメント」を求めます。もちろん味も影響しますが、あくまで要素の一つ。店員のサービス、店内のインテリア、音楽、照明などで総合的に評価されます。


東京五輪では「粉もん」に注目!?

――東京五輪で人気を集めそうな、食事・食文化はある?

海外では旅行計画を決めるとき、「トリップアドバイザー」など、口コミサイトの評価を参考にします。
東京五輪で日本を訪れる人たちも、高評価のお店を片っ端から食べていくのではないでしょうか。評価が高いお店に、観光客が集中してしまうことも考えられます。

料理のジャンルであれば、お好み焼きなどの「粉もん」やB級グルメが人気になるかもしれません。米を使う「ナシゴレン」が日本人に親しみやすいように、小麦粉料理をよく食べる外国人には受け入れられやすいはずです。比較的安く、お好みソースを使うなど、日本らしさもありますね。

あとは、お酒でしょうか。日本で醸造されるウイスキー、ピルスナービール、日本酒などは、もともと世界的な評価を得ていますが、居酒屋文化が認知され、興味を持つ人が増えています。


お好み焼きのおいしさが外国人に広まるかも!?(画像はイメージ)

――五輪開催に関連した、食文化などの課題はある?

海外には、宗教的な理由で肉類などを食べられない人もいるので、お店の選択肢に困ることは考えられます。直接口にしないだけではなく、一緒に調理してはいけない料理もあるので難しい問題です。

全ての飲食店が対応する必要はないですが、対応店の情報を分かりやすく伝える必要があるでしょう。日本は他のアジア諸国に比べても、英語が通じにくいお店が多い印象です。

日本文化全体に言えますが、素晴らしいものを持っているのに伝達できないところがあります。日本人はシャイで「主張しないことが美学」と考えがちですが、海外では、外国人が日本食を発信していることもあります。この点では、非常に損をしていると思います。


SNSでの動画配信なども必要

――世界にジャパニーズフードを売り込むには?

いくらおいしい料理を作っても、接触がなければ魅力は広まりません。
SNSでの動画配信など、世界中の人々が見るプラットフォームでPRすることが必要でしょう。魅力を知った外国人がお店を利用すれば、一つの高評価が10、100と拡散します。

お店側ができることでは、世界共通語である英語に対応することが、第一歩ではないでしょうか。何も、店員が英語を完璧に話さなければ...という訳ではありません。英語表記のメニューが用意されていたり、「おいしいメニューは何?」という質問に答えられるくらいでも良いのです。

外国人にとっては、英語で対応してくれるだけでうれしいものです。自分たちの素晴らしさを「恥ずかしい」と思わず、きちんと伝えることが必要でしょう。



飲食店を利用していると、いざお店に入ったはいいものの、注文方法やメニューの内容が分からず、困惑する外国人観光客を見ることも多い。ジャパニーズフードの魅力を知ってもらうためには、食の戒律である「ハラル」や「ベジタリアン」などの多様性に配慮しつつ、自らを積極的に売り込んでいく姿勢も必要なのかもしれない。
是非、食文化のアピールの場としても東京五輪を活用して欲しい。

行正り香(ゆきまさりか)
料理研究家。福岡市出身。高校時代にアメリカに留学後、帰国して大手広告代理店に勤務しながら料理本を出版。退職後は料理研究家となり、和食を世界にプロモートする番組などで活躍中。現在は英会話学習にも力を入れ、英会話アプリ「カラオケEnglish」なども手がける。『19時から作るごはん』『行正り香のインテリア』(ともに講談社)など、著書は50冊以上。2020年にはアメリカで和食本が出版される。

「ミッション東京2020」特集をすべて見る!

ミッション 東京2020の他の記事