【コレ英語で言えますか?】「キレやすい」姉妹

カテゴリ:ワールド

短気な姉がいると、妹も短気になる?

5年前にナッツ・リターンで世間を騒がせた韓国の“ナッツ姫”を覚えていますか?
実はその“ナッツ姫”の妹もキレやすい人のようで、“水かけ姫”と呼ばれているらしいです。

会議中に水をかけるなんて、まるで漫画のようなパワハラですね。

でも真夏の暑い日に水をかけてもらえたら、涼しくて意外と良いのでは?
新種のクールビズかもしれません。

【記事】ナッツ姫の妹は“水かけ姫”…キレやすい姉妹?またパワハラ騒動

キレるって英語でなんて言うの?

ナッツ姫の妹は“水かけ姫”…キレやすい姉妹?またパワハラ騒動
The younger sister of “nut rage princess” is the so-called “water rage princess”… do they have a quick temper? The abuse of their power caused a fuss again.


【解説】
「ナッツ・リターン騒動」は、
the nut rage incident (ナッツ逆上事件) として認識されています。

rage (激怒・憤怒)は、
anger (怒り) より激しく強いニュアンスです。

ここでは、「キレやすい」と言う表現に
a quick temper (短気) を使い、
それをhave (持っている) と表します。

temper (気分・気質)に
quick (素早い)、
hot (激しい・怒った) や
short (短い) を合わせると「短気」を表現できます。

形容詞として1つの単語にする時はハイフンでつなぎ、語尾にed をつけます。
She is short-tempered.
彼女は短気だ。

temper には、冷静・沈着の意味もあります。
lose one’s temper (冷静さを失う=激怒)で、堪忍袋の緒が切れるニュアンスを表現できます。
他にも、snap (パチンと切れる・折れる、パクっとかみつく) を使って誰かに八つ当たりする表現もできます。

短気な人が身近にいると、大変そうですね…

【例文】
ナッツ姫は旦那にもよくキレていた。
The nut rage princess often snaps at her husband as well.

ナッツ姫のように奥さんにキレられないよう、家では言動に気をつけましょう。


それでは次回もお楽しみに。

Good luck!
(連載「コレ英語で言えますか?」第35回 / 毎週土曜更新)

「コレ英語で言えますか?」すべての記事を見る

コレ英語で言えますかの他の記事