注意!使った人も罰則対象に 20代以下の半数が「利用」 漫画タダ読みサイトの落とし穴

カテゴリ:国内

  • 20代以下の約半数が海賊版漫画サイトを「利用」と回答
  • 海賊版サイトは1つ潰しても1つ増えるいたちごっこ状態
  • 国は、漫画や雑誌などを違法ダウンロードにも罰則を科す方針を固めた

7月10日に違法サイト「漫画村」を運営していた男らが著作権法違反の疑いで拘束・逮捕された。

「漫画村」とは、違法にコピーした漫画を掲載する海賊版サイトで、閲覧の料金は無料だ。
運営側は、サイト内に表示される広告などで収益を得ていたと見られ、2018年4月には閉鎖されていた。

海賊版サイトについて街の人の認識とは

しかし、7月11日に街で海賊版サイトについての話を聞くと「漫画村もあったんですけど他にも海賊版サイトは沢山ある。」(男性)、「海賊版サイトをここ1週間ぐらいで使い始めた。友達から『漫画無料で見れるよ』ってURLが送られてきて。」(女性)などの声が聞かれ、実際に携帯電話を見せてもらうと無数の漫画が表示されていた。
なんでも「漫画村」とは別の海賊版サイトで、漫画は全て“無料で閲覧できる”という。

20代以下の100人に聞いたところ、約半数の49人が「漫画の海賊版サイトを使っている、または使ったことがある」と回答した。
しかも、そのうち46人は違法なサイトであると認識していた。

無料漫画サイトを使ったことがあると答えた男性に、スタッフが違法サイトである事を認識しているかどうか尋ねると「知っている。罪悪感を感じる。」と答えた一方で、自分の行為により「捕まるとは心配していない」と話していた。

こうした利用者に対し、著作権に詳しい「虎ノ門法律特許事務所」大熊裕司弁護士は「利用者に罰則が課されるということは十分考えられる。」と話す。

めざましテレビが見つけた海賊版サイトには沢山の漫画が掲載されており、「ワンピース」や「キングダム」といった人気作品も掲載されている。
また、サイトの説明欄には「現在9万2842冊の漫画が無料で読めます」という一文があった。

実際に海賊版サイトの利用している人に話を聞くと「漫画を買う量がめちゃくちゃ減った。」(男性)「罪悪感はない。みんな読んでいるし、本は散らかって直すのも面倒くさいし。」(女性)など、漫画を買わなくなったという声が聞かれた。

出版社への影響は...

出版社側の収益に、影響は出ているのか?
そこで「少年ジャンプ」などを出版する集英社を取材した。

集英社」編集総務部 伊東敦部長代理:
出版社全体で2018年2月までで損害額として数字が出ているのは3200億円。
相変わらず被害はひどいと我々は把握しています。

海賊版サイトが無くならない理由とは

7月11日にめざましテレビが調べたところ10以上の「漫画の海賊版サイト」がある事が判明した。
出版社などの被害額は増え続けているという。

海賊版サイトが“後を絶たない理由”についてITジャーナリストの三上洋氏は「海賊版サイトは運営者を特定できないケースが非常に多くて、すぐに阻止するのは困難。1つ潰しても1つ増える。」と、いたちごっこの実態を語る。

海賊版サイトに関する罰則とは

では、利用者側に違法性はないのか?
実はこれまで違法ダウンロードの罰則対象となる著作物は「映像」と「音楽」のみだった。漫画や雑誌などは対象に含まれていなかった。

しかし2018年12月、文化庁は有償の漫画や雑誌などの違法ダウンロードにも罰則を科す方針を固めたことを発表した

今後について著作権に詳しい大熊裕司弁護士は「法律が成立した場合は2年以下の懲役または200万以下の罰金。またはその両者が課せられる可能性はある。」と語る。

海賊版サイトに隠された落とし穴

海賊版サイトの注意点は他にもある。
IT問題に詳しい「THP法律事務所」二森礼央弁護士によると、「漫画の収入源と見られる広告が表示されており、広告をクリックすると個人情報を抜き取られる悪質なウイルスが含まれていることが多い」という。

(「めざましテレビ」7月12日放送分より)

めざましテレビの他の記事