ちくわで手筒花火、きゅうりのキューちゃんまんも…“豊橋すぎる”道の駅『トマッテ』誕生【愛知発】

カテゴリ:地域

  • 牛肉にちくわ…地元の名産をふんだんに扱った道の駅が愛知県豊橋市にオープン!
  • テーマは「ここでしか味わえない!」 “ご飯のお供”のアレも実は豊橋生まれ
  • サーフィンにパラグライダー!近くで楽しめるアクティビティの受け付けも

キーワードは「ここでしか味わえない!」

愛知県の国道23号・豊橋東バイパス七根インターそばに、豊橋市で初めての道の駅がオープン。

愛称は「トマッテ」。豊橋名産の「トマト」と運転の途中に「とまって」欲しいという思いが込めらている。

縁側をイメージした空間には、レストランや特産品の店などグルメと農業にこだわった8店舗が出店。「ここでしか味わえない!」をキーワードにしたお出かけスポットの全貌は?

“豊橋尽くし”の限定グルメ

ここでしか味わえないグルメ!その1は、ひつまぶしの牛肉バージョン「豊橋牛まぶし」。

脂はあっさり、赤身にはしっかり旨みがあると評判のブランド「豊橋牛」がご飯にたっぷり!お肉はやわらかく、自家製のたれで甘めに味付けされている。

2杯目は薬味で、3杯目には、「うずら+とろろ」を、そして最後は出汁をかけてさっぱりといただく。

ーー豊橋風のまぶしはどうでしたか?

女性客:
とても美味しかったです

別の女性客:
お肉もやわらかいし、食べやすいです

“豪快さ”が伝わってくる限定メニューも

続いて、ここでしか味わえないグルメ!その2は、ご当地グルメ「豊橋カレーうどん」が人気の「麺処つるあん」の限定メニュー。

豊橋発祥の『手筒花火』をイメージした「豊橋カレーうどん」

なんと豊橋発祥の『手筒花火』をイメージして作られている。

手筒に見立てた「ちくわ」から吹き出す花火は、ごぼうや水菜など地元野菜の天ぷらで再現。福神漬けが火花を表しているところにもこだわりが。

ここだけしか味わえないグルメ!その3は、いま再注目されるコッペパンを使った逸品。

「コッペとサンド オリーブの風」の限定グルメ「採れたて野菜とイタリア産生ハム」。

パンがふわふわで、生ハムがとってもうすくスライスしてあるので食べやすいサンドイッチだ。

採れたてシャキシャキの地元産レタスと、やさしい塩味のイタリア産の生ハムをたっぷりはさみ、アクセントにバルサミコ酢をかけていただく。

まだまだあった“豊橋名産”

ここだけしか味わえないグルメ!その4、豊橋といえば「ヤマサのちくわ」が有名だが、こちらで味わえるのはもちろん普通ではなく、生産量全国一の「青じそ」を練り込んだ限定品。

さらに、キューちゃんが肉まんに。その名も「きゅうりのキューちゃんまん」。全国の食卓に並ぶ「きゅうりのキューちゃん」も実は豊橋生まれなのである。

ご飯のお供“きゅうりのキューちゃん”を具材にした肉まんも

今だけ!“贅沢スイーツ”

ここだけしか味わえないグルメ!その5はデザート!地元の大人気店、「ジェラートサンタ」が出店。

イチオシは季節限定のスイカシャーベット。甘みとシャリシャリ感が特徴で、豊橋産のスイカが贅沢に使われている。

女性客:
スイカがさっぱりしていて、すごく美味しいです

男性客:
果物の味がそのままして。スイカ、美味しかったです

新しい道の駅「トマッテ」には、日本有数の農業王国・豊橋の魅力がたっぷり詰まっている。

体験できるレジャーも盛りだくさん

「トマッテ」では、近場で体験できるレジャーも紹介していて、伊良湖の海でプロサーファーのレクチャーを受けながらのサーフィン体験や、海岸に面した場所でのパラグライダーなどの予約もホームページで受け付けている。

夏休みからは、散策できるように電動自転車の貸し出しもあるということで、体験レジャーで楽しんで、お腹が空いたら道の駅に行くという過ごし方もできそうだ。

(東海テレビ)

【関連記事:日本各地の気になる話題はコチラ】

FNNピックアップの他の記事