韓国紙が報じた「安倍の挑発」 本当に日韓経済戦争につながるのか

カテゴリ:ワールド

  • 韓国主要紙が「安倍の挑発 経済戦争始まった」と一面トップで報じる
  • 在庫状況について「サムスンは完成品を加えても、もって4ヶ月」
  • 文大統領は“事実上の対抗措置”にまったく触れず

「安倍の挑発 経済戦争始まった」

韓国の新聞に躍った過激な見出し。

韓国の主要な新聞は2日朝、いわゆる徴用工訴訟をめぐり、日本政府が発動する事実上の対抗措置を一面トップで伝えた。

「安倍の挑発 経済戦争始まった」 韓国の新聞に躍った過激な見出し

G20大阪サミットでは安倍首相に歩み寄ろうとしたものの、結局会談はできなかった韓国の文在寅大統領。

韓国紙が伝えるとおり日韓両国は本当に経済戦争に突入するのだろうか。

韓国大手が持ちこたえられるのは3ヶ月か4ヶ月

これは半導体にレジストと呼ばれる特殊な液体を塗る映像だ。
レジストは半導体の製造に欠かせない素材で、日本の企業が圧倒的世界シェアを担っている。

半導体が輸出額の20%近くを占める韓国にとって、日本の素材は不可欠だ。

半導体に“レジスト”を塗る作業

韓国の朝鮮日報は、3品目の半導体材料などが入手困難に陥った場合、半導体大手のサムスン電子などが確保している材料の在庫は約1か月分で、完成品の在庫を加えても持ちこたえられる期間は3か月から4か月と報じている。

朝鮮日報「半導体メーカーが持ちこたえられる期間は3カ月から4カ月」

「信頼関係が著しく損なわれた」

「旧朝鮮半島出身労働者については、G20までに満足する解決策が示されなかったことから信頼関係が著しく損なわれた」

菅官房長官は2日の会見でこう述べ、輸出管理の強化の理由として徴用工の問題を取り上げたうえで、あくまで対抗措置ではないとする立場を強調した。

菅官房長官「信頼関係が著しく損なわれた」

なんらかの対応を迫られる文大統領。

2日朝、報道陣の前では日本側の措置については一切触れなかった。

韓国 文在寅大統領

(「Live News it!」7月2日放送分より)

Live News it!の他の記事