突然目の前で道路封鎖! さながらゴーストタウンの大阪でG20初日を楽しむ人たち

カテゴリ:国内

  • 道路封鎖や交通規制 さながらゴーストタウン状態
  • 大阪城は臨時休業 まるで皇居のような厳戒態勢に
  • 道頓堀はそこそこの人出だが日本人の姿はまばら

突然目の前で道路が封鎖される町

いよいよ開幕したG20。市内の有名ホテルの数々に世界の首脳たちが宿泊しているので、彼らがホテルを出発したり、帰ってくるたびに、あちこちで突然、通行止めなどの交通規制が行われる。交通規制が行われることは事前に周知徹底されていたためか、そもそも市内中心部はほとんど車が通っておらず、さながらゴーストタウンのよう。タクシー運転手によると「車も人も、普段の10分の1くらい」だという。

G20で盛り上がっているかと思えば、大阪市内はあちこちスカスカだ。

町から車と人が消えた

どこに人がいるのだろうか?とりあえず大阪城に向かおうとタクシーに乗っていたら、突然目の前で道路封鎖。一度はまると「15分くらい動けなくなる」とのこと。確かに車移動はリスキーだ。そうして、大回りしながらたどり着いた大阪城は大変なことになっていた。

突然、迂回指示が

完全封鎖の大阪城は“皇居”のような緊張感

大阪城につながる出入り口はすべて警察官や警備員が完全封鎖。中に一般人は入れず、まるで皇居のように半端ない緊張感に包まれていた。

大阪城には入れません

封鎖された入り口で右往左往していた観光客の親子に聞いてみると「台湾からきたの。G20は知っていたけど、大阪城が入れないなんて知らなかったわ」と落胆していた。

しかし、町行くおばちゃんによると「あっち行ったらお城ばっちり見えるで!」とのことなので、歩いていってみると…お堀の外から多くの観光客が記念撮影していた。

自撮りに夢中になっていた若い女性観光客に声をかけてみると、マレーシアから来た女子大生だった。「2日前に来て明日、旅立つ」という。

サミット開催に合わせたかのようなピンポイントな日程。

「G20があるのを知ってて来たの?」と聞いてみると「…G20てなに?」

G20をそもそも知らなかった。

「サミットだよ。各国の大統領とかが、みんな大阪に集まっているんだよ」と説明すると「知らなかった!!だからこんなに警察もいて、お城にも入れなかったの!!」と爆笑していた。

大阪城に背を向けカメラを構える若者たち

大阪城周辺を歩いていてふと気になった男性たちがいた。彼らは大阪城に背を向け、城とは反対側の建物にずっとカメラのレンズを向けている…でも別に何か目新しい動きがあるわけでもないし、VIPの車両が通る気配もない…あの、何をしているのでしょうか…

聞けばみな市内在住の大学生。警察車両を撮りまくっていたのだ。目の前に建っているのは「大阪府警本部」。そこからの車両の出入りをおさえるべく張り込みをしていたのだ。

「全国から警察車両が集まるまたとない機会なんですよ!」

確かにそうだ。大阪市内では普通見られない「石川県警」とか「静岡県警」など、全国各地から集結したパトカーが警備にあたっているのを自分も見ていた。しかし、そんな珍しい車があるのか…「撮れた写真のなかで一番いいのを見せて!」と聞いてみると…

イチオシの警察車両「多摩ナンバーの覆面パトカー」

「これ、多摩ナンバーなんですよ!警視庁から来てるんですよ!」と手元の一眼レフの液晶画面にはばっちり覆面パトカーが。確かに「多摩ナンバー」…うん…奥が深い。全国各地の警察車両をいっぺんに撮るには、確かにまたとない場所だ。

サミットを微塵もしらなかったカナダ人親子

さて、大阪といえば…道頓堀に行ってみたところ、ここはさすがにぎわっていた。しかし、日本人観光客はほとんどいない…「最近は、外国人ばっかりですわ。マサイ族みたいなのもいたで」ほんとですか、運転手さん…

あの有名な看板の前で「グリコのポーズ」をしていたかわいらしい男の子を発見。カナダのバンクーバーから家族で旅行に来たという。なぜ、あえてG20開催期間中に大阪に来たのか、ご両親に聞いてみたら…

「もちろん知ってるよ。ま、知ったのは昨夜だけどね。あははは」

27日に東京から大阪に入り、夜、こどもをおばあちゃんに預けて夫婦でバーで飲んでいたところ、バーテンの男性から「外を出歩くときはパスポートを必ずもっていたほうがいいよ」と声をかけられたという。で、「なんでそんなの必要なの?」という話になり…もちろん、大阪城に入れないことは知らなかったのでした。ちなみに彼らが旅立つのは28日。サミットも28日まで。

なぜみんなこんなピンポイントで大阪に来ているんだ!

カナダ・バンクーバーから旅行で来たご家族のみなさん

ということで、厳戒態勢でスカスカの市内だが、観光客や市民はたくましく“G20大阪初日”を楽しんでいたのでした。

(執筆:フジテレビ プライムオンラインデスク 森下知哉)