【なでしこGK池田】練習でも試合でも、最高の準備を。ビルドアップに長けた11人目のフィールドプレーヤー

FIFA 女子ワールドカップ フランス 2019特集

カテゴリ:芸能スポーツ

日本中を熱狂の渦に巻き込んだ2011年ドイツ大会から8年、女子サッカー4年に一度のビッグイベント、FIFA 女子ワールドカップ フランス大会が6月7日に開幕する。

2011年大会の優勝、そして前回大会2015年の準優勝と2大会連続で決勝進出を果たしたなでしこジャパンは、17人が初のW杯出場という実にフレッシュな面々がそろった。

そんななでしこジャパン全23人の選手を特集する。
第9回は浦和レッズレディース所属のGK・池田咲紀子選手だ。
FIFA 女子ワールドカップ フランス 2019特集

 

バックパスを「楽しむ」

GK同士のコミュニケーションや情報共有も大切にしてきた

フランスで7日に開幕する女子W杯に臨むなでしこジャパン。日本のゴールを守るGK池田咲紀子、GK山下杏也加、GK平尾知佳の3名は、全員がW杯初出場だ。持ち味は三者三様だが、「舞台度胸が据わっている」ことは、3名に共通するポイントかもしれない。

なでしこジャパンの大橋昭好GKコーチは、池田の良さについてこう語っている。

「池田の良さは、ビルドアップのうまさです。また、サッカー観が高くて(見る目が優れていて)攻撃への関わり方が良く、状況に応じて味方にしっかりとリスク管理の声(指示)を出せます」(大橋コーチ)

味方からバックパスを受ける時、池田はこんな風に考えているという。

「自分にボールが来るということは、(自分にマークがついて、その分)フィールドの誰かが空くということなので、そこで自分が相手をかわせれば絶対に(チームが)楽になります。だから、『ボールが来た!』と嬉しくなりますね。そういう場面では楽しみながらプレーしています」(池田)

日々の積み重ねがもたらす取り組みの安定感

池田は試合中、どんな状況でも落ち着いているように見える。ファインセーブで魅せても、失点を重ねても冷静だ。試合に勝っても甘んじることなく内容を見つめ直し、負けたりミスをしても、取材エリアではその原因を自分の言葉でしっかりと語ることができる。それは常にいい「準備」を心がけ、悔いのないプレーを積み重ねてきた賜物だろう。

埼玉県さいたま市で生まれ、小学校2年生でサッカーを始めた池田は、中学時代に浦和レッズレディースの下部組織に入り、以来、浦和一筋でプレーしている。中学2年の時にチームのGKがケガをして、急きょGKに指名されたことがきっかけでフィールドプレーヤーから転向。

07年、14歳の時にトップチームに昇格すると、11年から国内リーグでの出場機会を伸ばしていった。なでしこジャパンのゴールを15年間守り、リーグ最多出場記録を持つGK山郷のぞみさん(現在は2部のちふれASエルフェン埼玉のヘッドコーチ兼GKコーチ)の背中を見ながら、ハイレベルなポジション争いを続けた。年代別代表では、08年にU-17女子W杯に出場。日本で開催された12年のU-20W杯では、3位になった“ヤングなでしこ”の守護神としても注目を集めた。

なでしこジャパンには、高倉麻子監督体制の初陣となった16年6月のアメリカ遠征で初招集されている。そして、17年3月にポルトガルで行われたアルガルベカップ以降、メンバーに定着した。同大会で、高倉監督は池田についてこう話していた。

「(池田は)日頃の態度や取り組む姿勢が安定していて、それがグラウンドで出ていると感じます。計算できて、信頼できるキーパーを新たに1人見つけたことは大きな収穫です」(高倉監督)

ライバル関係と信頼関係

練習に臨む姿勢が常に安定している

池田は17年末のE-1選手権(2位)も全3試合に出場するなど、なでしこジャパンの正GKとしてピッチに立ち続けた。しかし、昨年4月のW杯アジア予選でGK山下杏也加が大活躍を見せ、立場が逆転。池田の出場は準決勝の中国戦(○3-1)の1試合のみにとどまった。この大会では出場機会を得られなかった平尾も含めた2人で山下を支えた。結果、チームは5試合で2失点の堅守を貫き、高倉監督体制での初タイトルを獲得している。

同じく優勝した8月のアジア競技大会でも、池田の出場は初戦のタイ戦(○2-0)の1試合のみに留まった。今年3月のアメリカ遠征はケガのために参加できず、4月の欧州遠征では平尾が活躍を見せた。

一つしかないポジションを巡る競争のなかで、池田が悔しい思いをしてきたことは間違いない。だが、池田はその立場をしっかりと受け入れて試合に出る選手をサポートしながら、変わらない準備を続けてきた。

W杯のメンバーが発表された後、池田はこう語っている。

「(山下、平尾とは)お互いの良さや実力を認め合った上でいい雰囲気で取り組める3人です。W杯では(GKは)一つのチームですから、試合に出ることにこだわりながら、自分がやるべきことを大会直前までしっかりやって臨みたいと思います」

池田は平日はチームのスポンサーで、不動産販売などを手掛けるハウスメーカーで働いており、デスクワークなどもこなす。物腰の柔らかさや、言葉選びの丁寧さは、社会人生活のなかで培われてきたものも大きいのだろう。会社には手作りのお弁当を持参。「卵焼きは毎日作っています」と、少し照れ臭そうに言った。

練習は夕方からで、サッカーと向き合える時間は限られている。だからこそ、有効な時間の使い方を意識してきた。

「(他の選手の)プレーを参考にしたり、戦術などを学びたいときは夜や休みの日に映像を見ています。男子のレッズの試合を観に行くこともあります。西川(周作)さんのプレーが好きなので、セービングや、フィード(の蹴り方)は参考にしていますよ」

――初のW杯に向けて楽しみなことは?そう聞くと、池田は柔らかい笑顔でこう答えた。
「試合に出て、勝ちに行けるチャンスがあることですね。その時はこの手でしっかり、チームを勝たせたいと思います」


(文・写真:松原渓)

『FIFA 女子ワールドカップ フランス 2019』
日本戦をフジテレビ系にて全試合生中継
<放送日時>
グループステージ
6月10日(月)深夜0時25分 日本×アルゼンチン
6月14日(金)21時49分 日本×スコットランド
6月19日(水)深夜3時50分 日本×イングランド
(※すべて延長の場合あり)

FIFA 女子ワールドカップ フランス 2019特集

FIFA 女子ワールドカップ フランス 2019の他の記事