同性婚を認める法案、立憲民主など野党3党が提出 「この社会で生きていていいと思えるようになる」

カテゴリ:国内

立憲民主党などは3日、同性同士の婚姻を認める民法改正案を国会に提出した。

立憲民主党、共産党、社民党が衆院に共同提出した法案は、婚姻の規定を「異性又は同性の当事者」と改め、同性同士の婚姻についても認めるほか、同性婚の2人が養子を迎えることも可能にするなどの内容だ。

同性愛を公表している立憲民主党の尾辻かな子衆院議員は、法案提出後記者団に対し、「日本で初めて同性同士の婚姻ができる法案になる」とした上で、「こういう法律ができること、認められることで、自分がこの社会で生きていていいのだと思えるようになると思う」と語りました。

立憲民主党・尾辻かな子衆院議員(6月3日)

立憲民主党などは、各党への協力を呼びかける方針だが、同性婚について、与党に慎重な意見が強いことから、今の国会での審議入りは困難な状況だ。