刺された児童はカリタス小学校の女子児童ら スクールバス停留所で何が

カテゴリ:国内

28日午前7時45分ごろ、川崎市登戸の登戸第一公園付近でスクールバスを待っていた小学生の児童らが男に切りつけられ、3人が心肺停止、少なくとも16人がケガを負った。
刺した男は40代から50代とみられ、自分の首を切り、警察に身柄を確保された。
男は両手に刺身包丁をもっていたという。

通う川崎市多摩区のカリタス学園によると、現場の第一公園は、スクールバスの停留所になっていたという。
現在、被害の状況の確認しているが、どの児童が事件にあったかなど確認をとっている最中だという。

被害者はカリタス小学校の児童ら

受験情報HPなどによると、カリタス小学校は児童総数646人。大部分が女子児童だという。
カトリックの理念に基づいた教育が特徴で、25日には運動会が行われ、猛暑への警戒を呼び掛けるメッセージがHPに掲載されている。
現在、カリタス小学校のHPはつながりにくい状態となっている。