「無限のチャンスがある」…優勝を果たした朝乃山関(25)が語った恩師への思い

カテゴリ:国内

  • 大相撲夏場所 三役未経験力士の前頭8枚目・朝乃山関が優勝を飾った
  • “相撲界のニューヒーロー”となった朝乃山関とはどんな人物?
  • 朝乃山関得意の“右四つ”相撲を完成させた恩師への思いを語った

「予想外」のスピード快挙 !

大相撲夏場所で、“令和初”の優勝を飾った、前頭8枚目の朝乃山関(25)。
大関・関脇・小結の三役経験がない力士の優勝は58年ぶりの快挙だ。

26日に行われた千秋楽の表彰式では、来日中のトランプ米大統領から米国大統領杯も授与。

相撲界のニューヒーローとなった朝乃山関だが、いったいどんな人物なのだろうか?
「直撃LIVEグッディ!」 ではスタジオで直接、その真相に迫った。

安藤優子:
優勝おめでとうございます!改めて、月並みな質問からで申し訳ないですが、今、どんな心境ですか。

朝乃山関:
徐々に「優勝したな」っていう実感がわいてきています。

宮澤智アナウンサー:
実感がわいてきたきっかけは、何かあったんですか?

朝乃山関:
千秋楽が終わって、表彰式で安倍総理とトランプ大統領から賞状とトロフィーをいただいた時は、優勝したんだなという実感がわきました。

安藤:
朝乃山関自身はこのスピードについて、どう思ってますか?予定通りの早さ?

朝乃山関:
全然自分では予定はしていないです。3年で優勝するとは思っていなかったので、自分が一番驚いています。

横野レイコ:
優勝したいなという思いは、幕内に入った時からずっとあったんですか?

朝乃山関:
少しありました。優勝というよりは、早く三役に上がりたいという気持ちがありました。

恩師からの手紙…「スーパースターになる資格がある」

27日に開かれた会見で、高校時代の相撲部監督だった恩師、浦山英樹さんへの思いを語っていた朝乃山関。
浦山さんは、厳しい指導で朝乃山関得意の“右四つ”相撲を完成に導いた。しかし2017年、朝乃山関の初場所での幕下優勝を見届けると、その翌日、胃がんのため、40歳という若さでこの世を去った。
朝乃山関は、浦山さんが亡くなる直前に書き残したという一通の手紙を、大切にしているという。

「石橋よく頑張っている、俺の誇りだ。入門したときからチャンスがある、スーパースターになるやつは一握り、おまえにはその資格がある。横綱はなかなか大変だが、おまえには無限のチャンスがある。富山のスターになりなさい」


手紙には、普段厳しかった恩師から「スーパースターになる資格がある」という激励の言葉がつづってあった。
朝乃山関のしこ名には、その恩師への思いが込められているという。

倉田:
「朝乃山英樹」のしこ名は恩師の英樹さんからとったと伺いました。ここへの思いというのは?

朝乃山関:
僕が幕下優勝を決めた翌日に亡くなったと聞いたので、その思いで「山」と「英樹」をつけることにしました。

安藤:
浦山英樹さんから、山の字と英樹さんの字をとられたんですね。先ほどの手紙は、いつ受け取ったものなんですか?

朝乃山関:
手紙は葬式の日の朝。(浦山さんの)奥さんに挨拶しに行って、その時にもらいました。奥さんと会った瞬間に泣いてしまって…

トレンディエンジェル斎藤:
最後に直接恩師とお会いしたのはいつ頃なんですか。

朝乃山関:
1月場所が始まる前なので、12月の年末ですね。その時から先生は結構、顔も細くなって肌も黒くなって…入院していて、お見舞い行きますって言ったんですけど、先生は「もう来なくていい」って。「俺は今から家に行くからそっちに来い」って言われて。布団の上であいさつしてたんですけど、布団の上からも出ずに5分くらい話して、「もう帰っていいよ。1月場所頑張れ」って、それが最後だったんです。

横野氏:
そんな中で、朝乃山関への思いを手紙に書かれたんですね…その手紙をいつも持ち歩いていると伺いましたが。

朝乃山関:
いつも、場所が始まる時に巾着の中に。先生の数珠と…この前家行った時に奥さんから数珠と手紙をもらって、入れてあります。

安藤:
それは先生の数珠なんですか。

朝乃山関:
先生の数珠です。首にかけてる数珠なんですけど、一時期僕も場所に着けていってたんですけど途中で切れちゃって。直して、もうつけないように決めて。それと手紙を一緒に入れて、場所に挑んでます。

安藤:
今回も優勝した時には、それが身近にあったわけですね。

朝乃山関:
そうですね、良かったです。

倉田:
「スーパースターになるやつは一握り」ということでしたが、朝乃山関、まだまだ約束はこの先にあるということでいいんでしょうか。

朝乃山関:
まだまだ先生との約束はあるので、一番いいのは果たしたんですけど、(約束に)近づけるように頑張ります。

倉田:
我々も期待して応援したいと思います。
横野さん、改めて朝乃山関の魅力を教えてください。

横野氏:
本格派の日本人関取で注目される人が現れたということで、相撲ファンの方々にとっては、待ってました!っていう感じなんですよ。貴景勝関とか体の強い関取や、ライバルというと御嶽海関の技は相撲の天性の勘があったりする中で、朝乃山関は本当に体に恵まれていて。そこに、これから経験や心の強さが足されたら…これからが本当に楽しみな力士だと思います。期待しています!

安藤:
自分の相撲は、ここは絶対に負けないぞというところをぜひ教えてください。

朝乃山関:
立合い、当たってからの足の運び。この体を生かした、前に出る相撲を見てもらいたいです。

安藤:
早くも来場所が楽しみです!今度は、追われる立場ですね。

朝乃山関:
はい、負けないように頑張ります。


(「直撃LIVE グッディ!」5月27日放送分より)

グッディ!の他の記事