「ど忘れしました」息子が妻を殺害…殺人ほう助・死体遺棄の罪に問われた母親が語った内容とは?

カテゴリ:国内

  • 妻を殺害・死体を遺棄した息子とその母親の初公判
  • 「息子の犯行を容易にするためにほう助をしていない」
  • ・裁判の争点 母の殺人ほう助の成立要件は2つ

妻を殺害・死体を遺棄した息子とその母親の初公判

2018年7月、弥谷麻衣子さん(当時30)の首を絞めて殺害し、その遺体を茨城・取手市にある実家の庭に遺棄した事件。

殺人と死体遺棄の罪で起訴されたのは元エリート銀行員の弥谷鷹仁被告 (37)。そして息子の犯行を手助けしたとして殺人ほう助・死体遺棄の罪で起訴されたのは鷹仁被告の母・恵美被告(64)だ。

5月22日、千葉地裁で2人の裁判員裁判の初公判が開かれた。

事件が起きたのは、2018年3月。

起訴状によると...
・2018年2月23日 恵美被告が鷹仁被告に、妻・麻衣子さんの遺体を埋める場所として実家の敷地内を提案、約束
・2018年3月1日 恵美被告がホームセンターでシャベル等を購入
・2018年3月2日 恵美被告と鷹仁被告が遺体を埋める穴を掘る
・2018年3月4日 鷹仁被告が千葉・柏市の自宅で麻衣子さんに睡眠導入剤入りのカレーを食べさせ、その後、車中で麻衣子さんの首を絞め殺害⇒鷹仁被告と恵美被告が実家の敷地内に遺体を遺棄

これまでの捜査では、鷹仁被告はいずれの容疑も認めているが、恵美被告は「息子が苦しんでいたので助けたかった」と供述する一方で、「息子が本当に殺すとは思わなかった」と容疑を一部否認していた。
 
両被告は初公判で、何を語ったのか?
「直撃LIVEグッディ!」は、裁判所前からの中継を交えて速報でお伝えした。

両被告が初公判で語った言葉は...

広瀬修一フィールドキャスター
鷹仁被告、恵美被告の2人が罪状認否の際に証言台に並びました。

鷹仁被告は「間違いありません」と起訴内容を認めましたが、恵美被告は「死体遺棄については間違いありません。ただ、鷹仁の犯行を容易にするため…、犯行を容易にするため…すみません。ど忘れしちゃいました…鷹仁の犯行を容易にするためほう助をしたことはありません」と語りました。恵美被告は緊張していたのでしょうか?異様な場面でした。

弁護側は「鷹仁さんが本当に麻衣子さんを殺害するという認識が恵美さんにはありませんでした。ほう助行為はしているが故意ではない」と補足していました。

広瀬修一
その後は検察側の冒頭陳述があり、検察側は鷹仁被告について「非常に強固な殺意があって、身勝手で短絡的な犯行だ」と断罪しました。検察側が新たな話として出してきたのが、殺害方法についてです。

今回の殺害方法は、土の中に埋めることによって結果的に行方不明に見せかけるというものでしたが、犯行前に鷹仁被告の方から「業務用冷凍庫を買って、冷凍庫の中で溺死させる」という犯行方法をとり、おぼれて死んだと見せかけようと、恵美被告に提案したそうです。恵美被告はいったん了承したものの、長女を危険にさらすこともあると考えて結果的に却下したそうです。

検察側は「恵美被告が殺人にかかわる程度が非常に大きい、反省の色がない」ということで、かなりの厳罰を強いる方針だと主張しました。

広瀬修一
一方、弁護側の冒頭陳述での主張ですが、鷹仁被告がうつ病を発症しており、恵美被告は殺害の話を聞いて最初は断るものの、鷹仁のためには話を全部聞いてあげるのが大切なんだという結論に至ったというんです。

ですから、殺害の話を「うんうん」と聞く、ショベルを用意しようという話があれば「うんうん」と買ってあげる、穴を掘るという話があれば掘ってあげる、「そうすることによって鷹仁が落ち着いてきたんだ。私は鷹仁のためにそういう行為を手伝ってはいるが、鷹仁が本当に殺害するとは思っていなかった」という展開でした。

息子が殺人に関して話している時に「聞いてあげることが一番大切なことなんだ」という発想は…ちょっと首をかしげるような…甘やかしている部分があるんじゃないかなと私は感じました。

恵美被告の行動でほう助が成立するポイントとは?

大村正樹フィールドキャスター:
今回の事件、母親の行動がほう助と言えるかどうかという部分が非常に注目されると思います。

カンニング竹山:
もし自分が裁判員としてその話を聞いたら、僕はほう助したと考えますね。殺害してその日に埋めているわけですよね。何もほう助してない人が、我が子が妻を殺したと聞いたら、その日に埋めようってなかなか…パニックにもなると思うんですよね、人間って。その日に遺体が来るってわかっていて埋めたように感じます。

三平聡史弁護士(みずほ中央法律事務所代表弁護士):
ほう助が成り立つためには、①殺害が容易になったという関係にあって、②かつアドバイスした人がそれを想定できたと、その2つが必要です。今回であれば、こういうことをしたら息子さんが実際に実行行為に出るということが想定できたかどうかが、ほう助が成り立つかどうか決まるポイントですね。

大村正樹:
息子の殺人をほう助したわけではないと主張する恵美被告ですが、実は事件前に、息子から遺体を遺棄するために別荘を用意してほしいと頼まれています。そこで恵美被告が実家の庭にしようと提案したと。こういった話が検察側の冒頭陳述で出てきまして。これをもってほう助と言えないわけがないと思うのですが…

三平聡史弁護士:
ほう助はある程度関与が濃い場合にだけ成立するので。あとはどちらからアイデアを出したか、物理的に道具を用意したかどうか。今回の場合は殺害後の準備を周到にしていたということも、殺害する人にとって大きい手助けになっているので。そういう意味では、今後もっと大きい経緯が出てきたときに、どれだけ力になったかですよね。殺人を実行するにはかなり心の抵抗があるわけですから。

安藤優子:
恵美被告が、鷹仁被告の背中をどれだけ押したかということですね。


(「直撃LIVE グッディ!」5月22日放送分より)

グッディ!の他の記事