ノルウェー軍撮影の露海軍艦隊を分析

シリアに向かうとみられるロシア海軍艦隊をノルウェー軍が撮影。画像からわかるものは?

カテゴリ:ワールド

シリアに向かうと思われるロシア海軍艦隊をノルウェー軍が撮影した。写真はすべてノルウェー海軍によるものでセベロモルスクを出港してノルウェー沖を航行しているところを捉えたものだ。

最初の画像(上)はロシア軍唯一の空母「アドミラル・クズネツォフ」。一目でわかるスキージャンプ甲板が特徴的。

下の画像はキーロフ級の巡洋艦「ピュートル・ヴェリィキー」。
↓前方の甲板に碁盤の目状にずらりと並んだ蓋のようなもの・・・このすべてが巡航ミサイルの発射装置とみられる。

さらに驚かされるのは次の画像。戦略ミサイル原潜でデルタⅢ級かⅣ級か・・・着目すべきは「蓋」が開いているということだ。↓ここは戦略ミサイルの発射口なのだ。



(文責:松島 スタッフ能勢・中西・北原)

能勢伸之の安全保障の他の記事