ロシア軍がシリアでの大規模爆撃再開 装備の実践テストに踏み出したか?

露国防相がシリア沖の地中海に展開させた空母からシリアでの大規模爆撃を再開したと発表

カテゴリ:ワールド

  • 唯一実践配備されているロシア海軍の空母「アドミラル・クズネツォフ」から戦闘攻撃機が出撃
  • ロシアのショイグ国防相はIS=イスラム国などが支配する地域への攻撃再開を明らかにした
  • 軍事力の誇示で米国の反応をうかがう狙い、あるいは"実践”テストに踏み出しているということか

ロシアがシリアでの大規模爆撃を再開した。
ロシアのショイグ国防相は11月15日、唯一実践配備されていた空母「アドミラル・クズネツォフ」がシリアでの作戦に初めて参加し、過激派組織「イスラム国」などの拠点に対して爆撃を行ったほか巡航ミサイルを発射し大規模な攻撃を行ったことを明らかにした。

ロシア側からの映像にある艦上機のスホーイには空対空ミサイルが搭載されているが(上写真)地上攻撃の爆弾、ロケット砲、ミサイルは確認できない。では何の目的で空母から飛び立ったのか?

また軍艦アドミラル・グリゴルビッチからカリブル巡航ミサイルを次々に打ち出しシリアの目標を叩くシーンや、バスチオンという地上発射システムからオーニックス・ミサイルを発射する映像もロシア側から発表された。

これは軍事力を誇示することで米国の反応をうかがうことが狙いか、あるいは、ロシア軍はバスチオン・システムを始めとした装備の実践テストに踏み出しているのかもしれない。


(文責:松島 スタッフ:能勢・中西・北原)

能勢伸之の安全保障の他の記事