金正恩委員長、女性兵士の射撃大会を視察

自身が企画した、女性兵士で組織されたロケット砲部隊の射撃大会を視察

カテゴリ:ワールド

  • 19日、北朝鮮の朝鮮中央テレビが伝えた
  • 上陸地域に空中強襲する敵ヘリ陸戦隊をロケット砲で殲滅するという想定
  • 装備は中国が開発し、人民解放軍が採用した「63式107㎜ロケット砲」

北朝鮮の朝鮮中央テレビは11月19日、金正恩朝鮮労働党委員長が自ら企画した、女性兵士たちで組織されたロケット砲部隊の射撃大会を視察と伝えた。
今回視察の対象となったのは「北朝鮮人民軍第9軍団管下女性ロケット砲兵中隊」。大会の想定は「上陸地域に空中強襲する敵ヘリ陸戦隊を殲滅する」というもの。

使用された装備は「63(ろくさん)式107㎜ロケット砲」という牽引できる多連装ロケットランチャー。
中国が開発し1963年に中国人民解放軍が正式採用、その後アジア諸国に輸出されたもの。

大会で成績の良かった女性兵士を自ら褒めたたえる金正恩委員長の画像も公開されている。


(文責:松島 スタッフ能勢・中西・北原)

能勢伸之の安全保障の他の記事