米国ライス大統領補佐官「ISが制圧した都市・集落の約55%を奪還した」

27日、米国のライス大統領補佐官がコメント。制圧直後の町と戦闘が続く地域の「今」は?

カテゴリ:ワールド

  • イラク治安部隊はすでにISが制圧した都市や集落の約55%を奪還したとの見解
  • モスル近郊「アル・カドラ」の奪還直後と戦闘が続く「アル・カスル・ヴィレッジ」
  • 制圧直後の町ではイラク政府軍のIS側に対する取り調べが続く

IS最大の拠点でありイラク第2の都市モスルから東に8㎞、「アル・カドラ」28日の映像は制圧直後の様子をリアルに伝えている。

・奪還したと言っても、IS側への警戒は緩んでおらず子供たちが出てくるとイラク治安部隊は自動小銃で警戒(写真)
・自爆テロの危険回避を目的に上着をめくり上げさせて爆弾を体に巻いていないかをチェック
・ISが使っていたと思われる建物は地下通路等が掘ってある可能性もあり徹底捜索
一方同じく28日、モスルから南南東に15㎞離れた「アル・カスル・ヴィレッジ」ではイラク政府軍側に様々な装備が投入され、戦闘が続いている。

(文責:松島 スタッフ:能勢・中西・北原)

能勢伸之の安全保障の他の記事