オスプレイ事故、米軍「感謝されるべき」発言に 翁長知事「占領意識そのもの」

在沖縄米軍のニコルソン四軍調整官が「住宅や住民に被害を出さなかったことは感謝されるべき」との認識を示す

カテゴリ:国内

  • 翁長沖縄県知事が15日午後、防衛省を訪れ直接抗議しオスプレイの配備撤回を訴えた
  • 「感謝されるべき」発言に「占領意識そのもの」と翁長知事
  • 稲田大臣は「アメリカ軍からも地元住民に説明すべき」と 発言

オスプレイの事故を受け沖縄の翁長県知事は15日午後、防衛省を訪れて直接抗議し、オスプレイの配備撤回を訴えた。

オスプレイは沖縄県名護市の海岸沿いの集落から500mほど離れた浅瀬に「不時着」したが、在沖縄アメリカ軍のニコルソン四軍調整官は「住宅や住民に被害を出さなかったことは感謝されるべき」との認識を示した。
国防総省のデービス報道部長は再発防止に向け原因の調査に全力をあげるとしながらも、オスプレイは日本の地域の安全保障に貢献していると話している。

翁長知事からは「抗議に対して県民の不安を顧みない『感謝されるべき』という発言は占領意識そのもの」という非常に強い言葉が出た。
それを受け稲田防衛大臣は「アメリカ軍からも地元住民に説明すべき」と発言している。
オスプレイの安全保障への貢献は事実だとしても、住民の不安への配慮、しっかりした説明と対応は絶対に必要だろう。

(文責:松島 スタッフ:能勢・中西・北原)

能勢伸之の安全保障の他の記事