タバコを吸わない人の肺がん増加中!…何と○○で予防できます!!

最近は、タバコを吸わない人も罹患する肺がん=肺腺がんが増加し、男性の肺がんの40%、女性の70%に及んでいます。一体、その原因は何なのか? そして意外なモノで出来る予防法とは?

カテゴリ:国内

  • タバコを吸わないのに肺がんになるケースが増加!
  • 原因は「女性ホルモン」と「汚染大気」
  • 何と大豆に含まれるイソフラボン摂取で予防可能!

タバコを吸わない人の肺がんが増加中!

肺がんは、がんの死亡原因の中で、男性では第1位、女性でも第2位の怖い疾患です。
しかも最近は、タバコを吸わないのに肺がんになるケースが増えています。
喫煙の影響がそれほど大きくない肺がん=肺腺がんが増加し、既に男性の肺がんの40%、女性の70%に及んでいます。
肺の奥深くにできるため、初期症状が出にくく、早期発見も難しいがんです。

原因は「女性ホルモンの過剰分泌」と「汚染大気」

現在では、女性ホルモン【エストロゲン】の過剰分泌が、肺腺がんリスクを高める要因の1つと考えられています。
また非喫煙女性の方が、エストロゲンの影響が大きいことも指摘されています。
エストロゲンが過剰分泌する女性とは、初潮が早く、閉経が遅い、月経期間の長い女性やエストロゲン補充療法の経験者です。

もう1つの原因は、汚染大気の中の有害物質(細菌やウイルス、車の排ガス、タバコの煙、工場のばい煙)を肺胞が除去する際に発生する活性酸素です。
それが正常な細胞まで傷つけてしまい、肺胞付近の細胞のがん発生リスクが高まるのです。

豆腐と納豆で肺腺がんを予防!

エストロゲンが肺腺がんに影響を与えることから、化学構造が似ていて、大豆食品に多くふくまれるイソフラボンの働きが注目されています。
イソフラボン摂取で、エストロゲン作用が増加するように思えますが、肺がんについては不思議なことにその反対なのです。
国立がん研究センターの調査によれば、イソフラボン摂取量48mg / 日のグループは、9mg / 日のグループと比較しての肺がん発症リスクが、非喫煙男性では半分以下の約43%、非喫煙女性では約67%と、はっきり予防効果がみられました。
イソフラボン48mgとは、豆腐なら160g、1丁の半分弱。
納豆なら1パックと3分の1ですから、1日に2パックで十分おつりが来ます。

タバコを吸う場合のイソフラボン効果は?

喫煙者の場合には、イソフラボン摂取の効果はみられません。
予防のためにはまず禁煙すること。そして、イソフラボンを多く摂ることが大切です。

遺伝子検査が開いた新たな治療法

最近の研究により、がんに特有な遺伝子変異が存在することがわかってきています。
分子標的薬は、この変異が起きている遺伝子にピンポイントで作用します。
正常な細胞には作用しないため、副作用が少なく抑えられます。
この薬の登場によって、進行した肺がん患者さんの生存期間は大きく延びました。
今後も新たな研究成果によって、より良い治療法が開発されることに期待します。