【金正恩氏を現地取材】携帯禁止、行き先は秘密…厳戒態勢の平壌リポート

トランプ大統領が武力行使の可能性に言及し、朝鮮半島の緊張状態が高まっている。こうした中、金正恩・朝鮮労働党委員長は黎明通りの竣工式に出席、テープカットする姿をFNNなど海外メディアに公開した。厳戒態勢の下での金委員長取材、その舞台裏とは?

カテゴリ:ワールド

  • 厳戒態勢下の取材…行き先を知らせず
  • 金正恩体制での“繁栄”アピール…格差は拡大
  • 連日の登場…緊張下でも健在誇示
鈴木款 Reporter Apr 15, 2017

厳戒態勢下の取材…行き先を知らせず

北朝鮮は金日成主席生誕105周年(15日)を機に、海外メディアを受け入れました。14日現在、50社200人弱が取材のため平壌入りしています。

12日夜、取材陣は翌日の集合時間が早朝6時に早まったと告げられました。携帯の持ち込みも禁止だと言います。しかし、一体どこに行くのか、何の取材かは教えてもらえません。

翌朝5時過ぎ、行く先がわからないまま出発。着いた先は安全検査場でした。軍人が立ち合い、ポケットの裏までひっくり返すほど厳重な検査を受けます。メディア全体の検査が終わったのは一時間半後。

ようやく行事会場に向かいます。付近は路地ごとに自動小銃を持った軍人が待機し、厳戒態勢が敷かれていました。

午前8時、取材陣が連れていかれた先は--。

平壌に新たに誕生した高層ビル街、黎明通りでした。

金委員長の肝いりで整備が進められ、15日までの完成を目指して建設が進められました。通りの西端には式典用の舞台が用意され、赤い絨毯が敷かれています。建設に参加した軍人や、市民が続々と集まってきます。約2時間で数万人が通りを埋め尽くしました。

「1号行事」…厳戒警備のワケ

午前10時、会場に黒塗りの高級乗用車が横づけされました。警護の軍人たちが機敏な動きを見せ、ドアを開けました。金委員長が姿を現したのでした。

軍楽隊の演奏が始まり、市民らが一斉に「マンセー(万歳)!」と叫んで迎えます。

竣工式が始まり、舞台に幹部らと並んで立つ金委員長。時折り笑顔も見せながら、自らはさみを入れてテープカット。式典はおよそ20分で終了しました。

金委員長の出席する行事は「一号行事」と呼ばれ、常に厳戒体制が敷かれます。情報管理も徹底していて、予定は告げられないのが普通です。

何故こんなにも警備が厳しいのか?と北朝鮮の案内人に聞いたことがあります。

「取材者の中には敵国(アメリカ)のメディアもいるから」

敵国のスパイが記者を装って潜入し、最高指導者に危害を与えるかも知れない。彼らは本気でそう考えているのです。

正恩体制下で“繁栄”アピール…格差は拡大

金正恩氏が最高指導者に就任してまる5年。平壌には相次いで高層ビルが建設されました。去年は未来科学者通り。そして今回の黎明通り。いずれも金正恩氏の肝いりで建設されたものです。

地上70階建てのマンションなど高層ビルが相次いで出現している平壌。その姿はマンハッタンならぬピョンハッタンと言われるほど。金委員長は何故高層ビルの建設に力をいれるのでしょうか?朴奉珠首相は黎明通りの竣工式でこう称えました。

「黎明通りの建設は、数百発の核爆弾を落とすより恐ろしい鉄槌を敵の脳天に下した歴史的勝利だ」

核爆弾以上の威力があると成果を誇示しました。金正恩体制の下、北朝鮮が繁栄を続けていることを内外に示す。それが、この黎明通りなのです。

金正恩体制では自力更生が奨励され、中国との貿易などで外貨を稼ぐ富裕層が出現。「トンジュ(金の主)」と呼ばれ、豊かさの象徴となっています。新たな特権層が生まれる一方で、一般庶民との間に経済格差が広がっています。

連日登場…健在ぶりを誇示

トランプ大統領は武力行使の可能性に言及し、原子力空母「カール・ビンソン」を朝鮮半島沖に派遣。「斬首作戦」と呼ばれる「敵の要人を暗殺」する特殊部隊による作戦も検討していると言われます。

朝鮮半島の緊張が日に日に高まる中、金委員長は連日、表舞台に登場しています。

11日には最高人民会議に出席。13日には朝鮮人民軍の特殊部隊の競技大会を視察した模様が報じられました。

さらに黎明通りの竣工式でテープカットする姿を海外メディアに公開しました。アメリカの圧力に屈しない、指導者としての姿を内外にアピールするのが狙いです。

金日成生誕100周年だった2012年。北朝鮮は衛星と称して事実上の長距離弾道ミサイル発射を強行しました。その時、金正恩氏はこう指示していたと言います。

①  発射は反対の中で強行する
②  情報戦を展開しかく乱する
③ 周辺国が動きづらい時期を狙う

その後も挑発行為を繰り返してきた北朝鮮。国際社会の強い反対にもかかわらず、今回もミサイル発射や核実験を強行するのか。世界の目が注がれています。