白人女性はトランプを支持した!? 予想を裏切った「隠れトランプ」の存在

トランプはなぜ当選したのか。メディアが読みきれなかった「隠れトランプ」の存在とは

カテゴリ:ワールド

  • 白人女性の53%はトランプに投票
  • 若者の投票率は著しく低かった
  • トランプ支持派は自由貿易に反対している

大方の予想を覆してトランプさんが勝利した背景には、結局はアメリカのメディアや調査機関が「アメリカ人の本音」を掬いきれなかったということが関係しています。
特に大きいのは、「隠れトランプ」と呼ばれる支持者たちの存在。
実際にどれくらいいたのかは開票するまでわからなかったんです。

白人女性はトランプを支持した

出口調査では非常におもしろい結果が出ています。
あれだけ女性問題で騒がれていながらも白人女性の53%はトランプさんに投票していて、ヒラリーさんに約10ポイントも差をつけているんです。

さらに、史上最多の2億人を超える人たちが有権者登録をしていると言われていましたが、実際に投票所に現れたのは1億2千万人程度。投票に行かなかった人が多かったんです。
それはなぜかというと、トランプさんもヒラリーさんも嫌われ者で不毛な選択だったから。
なかでも、若者の投票率が非常に低かった。けれど、事前予想ではそれを掴みきれなかったんです。

日米関係、TPPの行方は?

出口調査で「国際貿易とはどんなものか」という質問をしたところ、最大で42%の人々が「アメリカ人の職を奪うものだ」と回答しています。そして、そのうち65%の人々はトランプさんに投票している。
つまり、トランプ支持者は自由貿易・国際貿易というものを極めて厳しく見ているので、トランプさんはそれに配慮せざるを得ないでしょう。

トランプさんが口にする「アメリカファースト」とは、「アメリカ国内でアメリカ人が豊かに安全に暮らすことを最優先しよう」ということ。
それを掲げている以上、アメリカ人から職を奪いかねない自由貿易に踏み出すのは厳しいと思われます。

文=ホウドウキョク編集部