象が踏んでも…!? 超頑丈なスマホ液晶画面の検証動画が面白い

富士通がものすごく頑丈なスマホを開発。その画面がいかに丈夫かを検証する動画が話題になっています。「ちょっと昔のCM」を思い出す方もいるかもしれません。

  • 富士通arrowsシリーズの新作スマホが12月2日から発売開始
  • 特徴はものすごく頑丈な液晶画面
  • 液晶画面がいかに硬いかを検証する動画が話題。ちょっと昔のCMを思い出します。

不注意で落として、スマホの液晶画面が割れてしまった経験はありませんか?
そんなトラブルを解消するべく富士通がものすごく頑丈なスマホを開発しました。

日常生活の中で起きる落下などの衝撃では、液晶画面が割れることはほとんどないスマホということですが、その実力を検証した動画が話題になっています。

米川(取材撮影部部長):
「象が踏んでも壊れない」ってCM思い出すよね(※サンスター文具 アーム筆入れ 1967年)

平松(ホウドウキョクデスク):
あと「100人乗っても大丈夫」ね(※稲葉製作所 イナバ物置 1987年)

いいところをついている2人ですが、その動画をみてみると…

スマホの液晶画面を踏んでいるのは赤いピンヒール。

なんとピンヒールを履いていたのは力士!?
しかも女性を1人抱えています。

さらに、その状態で四股を踏みますが液晶画面には傷ひとつない、という検証動画です。

このスマホ本体のボディーは、富士通独自の「SOLID SHIELD」構造を採用。四隅のコーナーを独自構造で落下時の衝撃分散をするなど、万が一の落下時にも画面が割れにくくなっています。

そしてディスプレイ周囲のフレームは、チタン合金を超える硬度を実現。とにかく硬い素材だそうです。

また、防水・防塵への対応も万全で、キッチンやお風呂はもちろんのこと、豪雨や雪山など様々な環境で安心して使えるということです。

衝撃に弱いといわれるスマホの液晶画面ですが、これなら不注意で踏んだり落としたりしても大丈夫そう。

企業のウェブCMもバズるために、様々な見せ方をしていますね。

「ホウドウキョク×FLAG9」12月6日放送


(執筆: FLAG9)