「魔法の筒」で音楽を持ち運ぶ!下町の工場が作った世界初のスピーカー

日本の下町工場から生まれた、美しくて丈夫なアクリル樹脂製、無電源のスピーカー

カテゴリ:ビジネス

  • 世界初のアクリル樹脂製スピーカー
  • 配線、Bluetooth、AC電源、バッテリーもなし!
  • 下町工場とベテラン職人が作る高品質

世界初となる樹脂製スピーカー

あなたは音楽を聴くとき何を使うだろうか?
GREEN FUNDING by T-SITE代表の沼田健彦さんが、『世界初』のアクリル樹脂製スマホ対応スピーカーを紹介してくれた。(https://greenfunding.jp/lab/projects/1823

配線、Bluetooth、AC電源、バッテリーもなし!

「無電源スピーカーbomboo」は、よくあるヘッドホンやスピーカーとは全く違う。
配線もなければBluetoothもAC電源もバッテリーもない
5ミリの肉厚アクリルでできた本体は、雑貨屋によくある反響を利用したスピーカと比べて、圧倒的にシンプルで段違いに頑丈だ。

下町工場とベテラン職人が作る高品質

スマホを本体上面のスリットに差し込めば、両端から厚みを増した低音と、済んだ音色が飛び出してくる。簡単な作りに見えるが、実はこの分厚いアクリルを綺麗に切るのはベテラン職人しかできない技
bombooは日本のモノづくりを支えてきた下町の工場で作られている。

工場でラジオを聞こうと余ったアクリルを台にしたら、重低音の響きに驚いたことをきっかけに製品作りがスタート。水族館の水槽にも使われるアクリルは、ガラスより10倍以上の耐衝撃性を誇り、高い透明度と水・熱・太陽に強い、優れた耐候性を発揮。丈夫だからこそ、逆に加工するのは大変で、美しく精度の高い加工はこの道20年以上の職人の手先から生み出される。

普通なら使ううちに緩んでしまう連結部分は、隙間を極限まで少なくする特殊な技術を使い、特許出願に向けて準備中だという。この美しさは、中国や海外はもちろん、国内の他社工場にも真似できないと胸を張る。

こうして室内はもちろん、これから お花見や夏の海・山などアウトドアでも安心して使える無電源スピーカーが完成した。

パッケージは超撥水性バッグ

製品化に当たっては、銀行でお金を借りる従来の手続きだと時間がかかるため、クラウドファンディングを活用。パッケージには、社長同士が友人関係だという工場が手掛ける特殊な素材のバッグを採用した。シルクなどを収縮させ、優れた撥水性を発揮があるので、こちらもアウトドアで使いやすい。

久下アナ「お風呂で水没させたら怖いから洗面所にスピーカーを置きたいと思ってたんですけど、これだったら丈夫そう」

誰も手にしたことのない世界初の「音」の世界に浸りたい人は今すぐチェックしてほしい。

ホウドウキョク×FLAG9 2/13放送分

(執筆:FLAG9)