Twitterで大反響「ペンギン爆弾」の誕生秘話

「ペンギン爆弾」を作ったペーパークラフト作家、中村開己氏に迫る

カテゴリ:話題

  • 仕組みも作り方も想像できないアイデアの数々
  • 「ペンギン爆弾」は偶然から生まれた作品
  • 中村氏「人に喜んでもらえる作品を作りたい」

ネット上で話題の人物に、根掘り葉掘り話を伺う「バズりびと」。今回はホウドウキョクでも紹介し出演者たちを夢中にさせた「ペンギン爆弾」の作者、ペーパークラフト作家の中村開己氏が出演。様々な作品の紹介してもらった。

鈴木理香子アナウンサー:
古市さんも興味津々の中村さんが、作品をいっぱい持ってきてくださいました!

古市憲寿:
うわ。嬉しい。

狼の皮をかぶった羊

中村:
横から押してください。

鈴木アナ:
いいですか?押しますよ。

鈴木アナ:
あははは!可愛い!

古市:
可愛い、欲しい

起き上がりフクロウ

中村:
「紙のからくり カミカラで遊ぼ!」という本を出してまして、ここからはこの本からの作品です。

鈴木アナ:
こういうふうに切り取って作ることができるんですね。これ楽しいですね!できたものを貰うのも楽しいですけど、自分で作れるっていう。

中村:

頭を軽くツンと押してください。

中村:
中に重りが入っていて、微妙なバランスで立ちます

P.K.サンジュン(ロケットニュース24):
古市さんめっちゃ気に入ってるじゃないすか!

鈴木アナ:
写真撮ってる!

噛みつく封筒

中村:
封筒の中身を引っ張り出してください。

鈴木アナ:
え、なんだこれ。

鈴木アナ:
うわ!噛まれた!

リバーシブル十二面体

中村:
次は「大人のペーパークラフト 幾何学カミカラ」という本の作品です。こちらにはあまり動かない作品が載っていますね。幾何学的な作品が好きで昔はそういう作品を作っていたんですけど、正直動く作品の方がウケるじゃないですか(笑)。だから路線変更したんです。けど編集者の人が昔の作品もやってみましょうという感じで出した本です。

中村:
投げてキャッチしてください。

鈴木アナ:
地球に変わった!

中村:
磁力でひっくり返るんですよ。

古市:
凄い!これ本当に作れるんですか?

中村:
本の通りやれば(笑)

歯車のハート

中村:
これは3Dプリンタ用にデータ販売しているものなんですが、軸を回してください。

鈴木アナ:
すごい!

古市:
歯車が回ってる!

中村:
三回回したら元に戻ります。

古市:
仕組みが想像できない!

偶然がきっかけだったペンギン爆弾

鈴木アナ:
どうですか?ペンギン爆弾がSNSで話題になりましたが。

中村:
おかげさまで注文が殺到してさばくのが大変な感じで。ペンギン爆弾は失敗・偶然から生まれた作品なんですよ。最初は潰して元に戻る作品だったんですが、たまたま引っ掛かって潰れたままの状態になったんですよ。それをぽんと落としたらぽんと元に戻って。それで、ストッパーをつけてその動きを確実に出来るように工夫したわけです。

鈴木アナ:
全て一人で作っているんですか?

中村:
作品のアイデアや仕掛けの設計は自分でやってます。イラストだけ人に頼むこともありますね。

真似できないアイデア

古市:
他人からアイデアを真似されたりしないんですか?

中村:
今のところないですね。

古市:
やっぱり相当難しいんですよ。紙と輪ゴムだから本当は誰でも出来るはずなんだけど、やんないってことは。ペーパークラフトっていうものを知ってはいましたけど、次元を超えているというか。

古市:
アイデアは尽きないんですか?

中村:
尽きますよそりゃ(笑)

古市:
でも全部違う仕掛けですよね、ワンパターンじゃないって思うんですけど。

中村:
その代わり年に一作とか二作とかくらいしか出来ないですけどね。

古市:
一作作るのにどれくらいの期間がかかるんですか?

中村:
一カ月とかですね。

古市:
ペンギン爆弾は中村さん的にもこれはイチオシなんですか?

中村:
いや~、10年くらい前の結構古い作品なので。自分でもそれを超える作品を作りたいと思ってるんですけど、なかなか超えられないですね。

古市:
作り方が想像できないです。見ても仕組みがわかんない。

中村:
なんとなくとしか言えないです(笑)

古市:

展開図とかどうなってるんですか?頭の中で立体が思い浮かぶんですか?それとも手を動かしながら作っていく感じなんですか?

鈴木アナ:
そう!どういうふうに頭が……。

中村:
半々くらいですね。多少頭の中に浮かんでるっていうくらいです。

人に喜んでもらえる作品を作りたい

鈴木アナ:
今後こんなものを作っていきたいとかありますか?

中村:
ずっと一緒なんですけど、人に喜んでもらえる作品を作っていきたいと思っています。

古市:
喜ばせるって色々あるじゃないですか、驚かせたいとか。最初ペンギン爆弾って聞いたとき想像がつかなかったんですけど、予想外の動きですよね。「紙でこんな動くんだ!」って。

中村:
そう、そういう感想が嬉しいんですよ。

中村さんの作品はHP「カミカラ」で購入可能。放送ではこの他にもたくさんの作品を紹介している。


(執筆:FLAG7)