ネット利用は「スマホのみ」の10代が社会人になったら…

ネット利用は「スマホのみ」がもたらす弊害

カテゴリ:話題

  • 10代の7割が「スマホのみ」でネットを利用していることが分かった
  • 一方、「パソコンのみ」でネットを利用するのは10代のわずか1%
  • 今の10代がパソコンスキルを身につけないまま社会人になったら大変

LINEがインターネットの利用環境に関する調査結果を発表した。

10代の7割が「スマホのみ」でネットを利用

全国の15~59歳の男女759人を対象に行った、この調査の結果、週1回のネット利用をする人のうち、スマホのみが46%。スマホとパソコンを使う人が39%。パソコンのみが6%となっている。

年代別の10代を見ると、スマホのみの回答が一気に増え、70%。
パソコンのみはわずか1%となっている。

年代別に見てみると、若年層ほどスマホのみでネットを使う傾向があることが分かる。

パソコンスキルを身につけないまま社会人になったら大変

海老原優香アナウンサー:
10代だと、スマホで事足りるということですか?

佐々木俊尚:
逆に50代になると、パソコンしかしないでスマホを持っていない人が16%もいるのが衝撃的な感じはするかな。

今、問題になっているのは、10代ってまだ会社員じゃないから、スマホだけで十分なんですよ。
でもやっぱり大人になると、ExcelとかPowerPointとかWordとか、業務に必要なアプリケーションっていうのはパソコンにしかなくて、まぁスマホ版もあるんだけど、あまりにもぜんぜん違う世界かなと。

そうすると、そのパソコンスキルを身につけないまま社会人になっちゃったら、ちょっと大変だよね。そこをどうするのかが最近、問題になっていますよね。

でも、大人になっても、最近聞くのは、現場取材の原稿をスマホで打ってくる新聞記者とか普通にいる。

鈴木康太(ギズモード・ジャパン編集長):
記事の原稿を書いてくれるライターさんの中に、スマホで打っているという方がいます。


佐々木:

長いじゃないですか、メディアの原稿って。2000文字とか。

鈴木:
僕らは当然、原稿を受け取る状態でしか知らないので、パソコンのキーボードで書いたのかと思いつつ、「いや、スマホで書きました」と言われると、えーって思うっていう。

佐々木:
まぁ慣れれば、かなり早いですよね、フリック入力ではね。

鈴木:
あとは、学生さんでも、論文とかをスマホで書くのが普通らしいので。

佐々木:
卒論って結構、文字数ある。1万文字とか普通にあるんじゃないかな。
400字詰めで30枚ぐらい書くよね?

海老原:
書きます。

佐々木:
そうすると、1万2000字。それをスマホかぁ。

ここから話は急に脱線。「パソコンか手書きか」という話題に…

「PCか手書きか」で議論するから日本の生産性は低い

海老原:
私は学習院(大学)なんですけど、学習院の日文(日本語日本文学)科の卒論はいまだに手書きです。

佐々木:
手書きで出さないといけないの?

海老原:
手書きで出さないといけない。

佐々木:
ということは、パソコンで打ったりして…

海老原:
パソコンで打って下書きを作っておいて、それを手書きで写していくんですけど。

佐々木:
何か理由はあるの?

海老原:
一応、日文だから、日本語をちゃんと書く…

佐々木:
何を言っているのか全然分かんない。もう気を失いそうだよ(笑)。

佐々木:
それは、履歴書は手書きじゃなきゃいけないみたいな。

海老原:
履歴書はパソコンで書いた方がいいのか、手書きの方がいいのか、今は分かれていますよね。

佐々木:
そんなことを議論しているから、日本の生産性は低いんですよ、ほんとに。



(執筆:FLAG7)