Twitterのハッシュタグ誕生から10年 最も多く使われた「#」は?

2番目に多く使われたのは「#Followfriday」

カテゴリ:話題

  • ハッシュタグは2007年8月23日の投稿から始まった
  • 世界では毎日平均1億2500万個のハッシュタグが使われている
  • これまでに最も多く使われたハッシュタグは「#nowplaying」

今では当たり前になったTwitterのハッシュタグ。
このハッシュタグの始まりは今から10年前、2007年8月23日のクリスさんによるこちらの投稿。

クリスさんが「#barcamp みたいに#を使ってグループをつくるのをどう思う?」と投稿して以降、ツイートをカテゴライズするための「タグ」として使われるようになった。
ちなみに日本語のハッシュタグができたのは2011年7月。

Twitter社によると、現在、世界全体では毎日平均1億2500万個ものハッシュタグが使われているという。

これまでに最も多く使われたハッシュタグは「#nowplaying」

鈴木理香子アナウンサー:
これまでに最も多く使われたハッシュタグは何だと思いますか?
すでに10億件以上、使われている英語です。

古市憲寿:
う~ん、なんだろう。liveとか。

佐藤英典(ロケットニュース24):
foodとか。

鈴木:
正解はこちらです。

佐藤:
あぁ、そんなもんかなと思いました(笑)。

鈴木:
「#nowplaying」の次に多いのが「#Followfriday」で5億件以上。
これは、「金曜日には自分のおすすめのアカウントを他の人にも教えてあげよう」という意図のタグです。

鈴木:
お二人は、使っているハッシュタグ、ありますか?

古市:
「#ワイドナショー」とか「#ジレンマ」とか、番組名が多いですね。

佐藤:
自分のまとめをしたいので、「#今日の佐藤」というのがあります。
後から見直すときに、自分の投稿が見られるので。

古市:
佐藤さんって日本に多いじゃないですか。

佐藤:
でも、「#今日の佐藤」を使っているのは自分だけだと思います。

鈴木:
それは見直すときに便利ってことですよね?

佐藤:
いつか見直すと思って、やってます。

古市:
Twitterは後から検索ができるから、検索でいいんじゃないですか?

佐藤:
それでもいいと思います。
そんなに積極的には使わないですね。ハッシュタグはそんなに必要ないかな。
今、(古市さんが)言ったように検索もできますしね。

古市:
Instagramだったらハッシュタグしか使わないっていう人も多くて、ハッシュタグ文化ですけど、Twitterはハッシュタグ文化なわけでもないですしね。


(執筆:FLAG7)