スタバ新商品は炭酸水!「コーヒーチェリー由来のカフェイン入り」で健康志向にピッタリ

「スターバックス® スパークリング」発売

カテゴリ:ビジネス

  • 近年人気を集める透明炭酸は市場が大きく拡大
  • スターバックスがナチュラル志向の新製品で炭酸水に参入
  • 清涼感が早くもSNSで健康意識の高いインスタグラマーたちで話題に

スターバックスからペットボトル入り透明炭酸水が新発売

スターバックスから27日、透明炭酸水が発売された。

スタバなのにコーヒーではなく、「スターバックス® スパークリング」と銘打たれた炭酸飲料だ。

もちろん、普通の炭酸ではない。コーヒーチェリー由来のカフェインと、ミネラルを含むココナッツ果汁が配合された、海外で高い人気を博しているナチュラル志向のスタバならではの商品だ。

登場するのは、ノンカロリーの「リフレッシング テイスト」と、本物の果汁が入って低カロリー設計の「ピーチ スプラッシュ」の2種類。

全国のセブン-イレブンで先行発売される。

透明炭酸水市場は年々伸長

炭酸飲料の市場は、新商品が次々と発売されている。中でも伸びているのが、透明炭酸水だ。

その生産量はこの10年で7倍以上に拡大、20万6000キロリットルを超えた。

炭酸水の生産量

これまで、主にアルコールの割材として消費されてきた透明炭酸水だが、近年ミネラルウォーター市場が成長した影響を受けて「炭酸水の直飲み(ジカノミ)」という海外では一般的な飲用習慣が、日本において新しい飲み方として、消費者の間で広がってきたのだ。

多くの炭酸水は、寝起きの目覚ましや、疲れたときの気分転換、食前や食中に口をさっぱりさせたい時だけでなく、ダイエットのためのエクササイズの時にカロリーを気にせずに、飲むことができため、近年年齢・性別を問わず人気を博している。

特にアサヒ飲料の「ウィルキンソン」は販売数量を、10年で10倍に伸ばし、神戸の工場へ20億円の投資を決めている。サントリー「南アルプス天然水」、日本コカ・コーラ「いろはす」「カナダドライ」と、人気・知名度の高いブランドから透明炭酸の新商品が、毎年発売されるようになったことも、透明炭酸市場を牽引する大きな要因になっている。

そのような拡大の一途をたどる透明炭酸市場でのユーザーの満足度を上げるため、スターバックスから新しいタイプの商品が発売されることになった。

スターバックス®スパークリング「リフレッシング テイスト」と「ピーチ スプラッシュ」だ。この2つの新商品には、やはりスターバックスらしく、コーヒーチェリー由来のカフェインと、女性に高い人気のココナッツ果汁が配合されていながらも、スッキリとした飲み口が特徴だ。ボトルもスタイリッシュで、持ち運びしやすいスマートサイズで作られている。

「リフレッシング テイスト」は、ドライで爽やかな味わい。なんといってもカロリーゼロであることが嬉しい。どんな食事とも合いそうだ。

「ピーチ スプラッシュ」は、本物の果汁が配合されたローカロリー設計。ちょっとした一休みにナチュラルなフルーツ感が、心も身体も軽くしてくれそうだ。

Instagramではすでに話題に

2月25日に行われた生トークイベント『久保みねヒャダこじらせライブ』では、一足先に「スターバックス® スパークリング」の2品がサンプリングされた。


インスタグラム上では、実際に飲んでみた人たちから「ローカロリーでスッキリな味が美味しい」という声や、「お花見に持っていきたい一品」などというコメントがあがり、評判は上々のようだ。


ツイッター、InstagramなどのSNS上では、早くも話題が広がり始めている。

モデル、タレントだけでなく、声優やデザイナーといったクリエイター、オフィスで働く人など、幅広いジャンルの人から、注目されている。


(執筆:sponsored)