誰でも体験可!スタバとコラボした「魔法使いになれるアート」って何?

子供も大人も一緒に無料で楽しめる体験型デジタルアート展『Playful Summer in your hand』が7月、期間限定で、東京・月島で開催中!

カテゴリ:話題

  • インターナショナル・デジタルアート・アワードの受賞作品が日本初上陸!
  • 大人から子供まで楽しめる、映像と音楽を融合させた「体感型アート・アトラクション」
  • スターバックス『Playful Summer in your hand』(この夏、その手で、心はずむ体験を。)

日本初上陸作品「Metamorphy(メタモフィー)

暗闇の中で、半透明なスクリーンに触れた途端現れる、色鮮やかな形とサウンド。
まるで宇宙空間をさまよっているような不思議な感覚に陥るこの作品は、海外で、デジタルアートに贈られる賞など数々の賞を受賞し、今回、期間限定で日本に初上陸した。

自然界に存在する物質をイメージし、手の動きに合わせて画像は広がったり色を帯びたり、サウンドと併せて自在に変形する。
この幻想的な「Metamorphy(メタモフィー)」という作品を手がけたのは、二人組のフランス人アーティスト・scenocosme。 

制作者の一人、グレゴリー・ラセール氏は、「スクリーンに触れることによって現れるイメージは空気、水、火など自然界に存在するもの。平面の奥行きを是非体験してほしい」と話す。

大人から子供まで楽しめる「体験型アート・アトラクション」

算数の嫌いなお子様がいたら、ぜひ、体験型アート・アトラクションの「かりきゅらすかい」に挑戦していただきたい。
左側の数式と右側の答えを一致することができるか。足し算や掛け算を楽しみながら、大人も子供も体を大きく動かして楽しめる作品だ。

つぎつぎに降ってくる数字を、巨大な天秤のお皿に載せてバランスがとれるかの挑戦。成功すると花のシャワーが祝ってくれる。

算数の勉強をしたお次は、言葉遊びをしませんか?
これは、話した言葉が水滴となってこぼれ落ちる不思議なプール。
スピーカーに「ありがとう」と吹き込むと、「あ」「り」「が」「と」「う」の文字が水面に登場。
ひしゃくでかきまぜたり、掬いあげたりして文字と戯れることができる。

さらに、「あ」の文字を掬い上げると、なんと、文字は「アリ」の画像に変身。絵のバリエーションは多く、次は何に変化するのかを楽しめる。
こちらは、写真では魅力が伝わりにくいので、一度、映像をご覧いただきたい。

『Playful Summer in your hand』(この夏、その手で、心はずむ体験を。)

このアート展は、スターバックス・コーポレーションのチルドカップ新商品「スターバックス フルマージュ」の発売を記念して企画されたもので、「この夏、その手で、心はずむ体験を。」という思いが込められている。

デジタルアート表現の最先端であるプロジェクションマッピングを駆使した体験型アート展、そのクライマックスは、会場左手にある「大きな魔法の壁」。

「大きな魔法の壁」の前で手や体を動かすと、動きに合わせて魔法のように絵が描けたり、キャラクターを自由に吹き飛ばす不思議な体験ができる。
今回はスターバックスとのコラボレーションで、フルマージュに入っているフルーツが華やかに飛び交う仕掛けだ。

観るだけでなく、手で触れて楽しめる体験型アート展は、7月11日(火)から23日(日)までの13日間、月島で開催中。
期間中、毎日先着100名に新商品フルマージュのサンプリングを実施。

<アート展>
開催期間:7月11日(火)〜23日(日) 平日13−20時 土日11−18時 入場無料
開催場所:TEMPORARY CONTEMPORARY
                  東京都中央区月島1-14-7 旭倉庫2階

アート展で展示されている「スターバックス チルド フルマージュ体験ブース」は、7月15日(土)より開催される『お台場みんなの夢大陸』の「Playful Summer in your hand」ブースでも体験できる。


(執筆:sponsored)