日本の新たな食文化?「年明けうどん」とは何か

「年明けうどん」を提唱する組合に話を聞いた

カテゴリ:暮らし

  • 1月1日から1月15日までに食べるうどんで、その年の幸せを願うもの
  • 1月1日から1月15日までに食べるうどんで、その年の幸せを願うもの
  • 年明けうどんを提供するお店は香川県内に100店舗以上ある

日清食品が今年も「日清のどん兵衛 年明けうどん」を発売した。

「年明けうどん」とは聞きなれない言葉だが一体どんな、うどんなのか? 香川県内ではどれだけ定着しているのか?

「年明けうどん」を提唱する、「本場さぬきうどん協同組合 年明けうどん普及委員会」の事務局の方に話を聞いた。

1月1日から1月15日までに食べるうどん

ーー「年明けうどん」は、いつから提唱し始めた?きっかけは?

2008年に発足した「さぬきうどん振興協議会」が、今後は年越しそばのように、うどんを年明けに食べてもらおうと提唱しました。

さぬきうどん振興協議会は、今はないのですが、本場さぬきうどん協同組合が引き継いで「年明けうどん」のPRを続けています。

ーー年明けうどんの定義は?

太くて長い長寿の縁起物として1月1日から1月15日までに食べるうどんのことで、年の初めに食べることにより、その年の人々の幸せを願うものです。

うどんの上に紅い色の具材を添えるのが特徴で、白いうどんに紅い具材を添えることで、お正月にふさわしい紅白のめでたいうどんということになります。

紅い具材であれば何でもOK

ーー添える紅い具材に決まりはある?

ありません。

かまぼこ、にんじんのかき揚げ、梅干、海老の天ぷらなど紅いものであればなんでも大丈夫です。

組合では、紅いあんもちが入った「年明けうどん」を開発し、このうどんを提供しているお店もすでに何店舗かあります。

香川県では、あんこのおもちが入った雑煮を食べる文化があるので、うどんにあんもちを入れることにも抵抗がないんです。

ーーうどん自体は普通のうどん?

普通のうどんです。

ーー年越しそばを食べて、年明けうどんも食べてもいい?

はい、もちろん食べて下さい。

年始、おせちに飽きたとき、うどんに紅いものをのせて食べてもらうのが理想的です。

提供するお店は香川県内に100店舗以上ある


ーー年明けうどんを提供するお店があるそうですが、香川県内には何店舗ある?


現在、100店舗を超えています。

これは、本場さぬきうどん協同組合および香川県製粉製麺協同組合に所属のうどん店、電話帳「iタウンページ」のうどん分類に掲載されているうどん店約600店舗にアンケートを実施の上、回答のあった店舗になります。

ーー県外では?

全ては把握できていないのですが、現在、把握できているのは、東京、埼玉、大阪、愛知、岡山、愛媛などにある14店舗です。

イベントは2日間で4万人を集客

ーー香川県で「年明けうどん」はどれだけ定着している?

どれだけ定着しているかは分かりませんが、県内では4年前から毎年、「全国年明けうどん大会」を開催しているのですが、12月2、3日に開催した今年は2日間で4万人を集客しています。

この大会では、北は北海道から南は沖縄まで全国のうどん屋さん24店舗が参加し、うどんに紅いものをのせて提供してもらったので、県外へのPRにもなったと思います。

ーーその他にはどんなPRをしている?

来年1月1日から実施予定のキャンペーンがあります。

年明けうどんを提供しているお店にスタンプを置き、お客さんはスタンプカードにそのスタンプを押し、2個押すとプレゼントに応募できるというものです。

リリース前なので詳細は明かせませんが、うどんグッズなどがもらえます。

ーー最後にメッセージがあれば?

年越しそばが当たり前にあるように、年明けうどんも家庭で広まっていけばいいと思います。

(執筆: editors room)