「板巻きうどん」にK.O.される麺好き続出!夢の超幅広麺がアナタのものになる

きょうは「きしめんの日」!きしめん好き必見!好きな幅に切る「板巻きうどん」

カテゴリ:話題

  • 22×37cmの「うどん」
  • 間もなく「生パスタ」も発売
  • 冬は鍋のシメに

きしめん、ほうとう、タリアテッレと聞いてピンとくる「平麺」が大好きなアナタに耳寄りなお知らせ!
今、SNSで注目を集めている「大江戸 板巻きうどん」がスゴイのだ。

パッケージに入っているのは、クルクル巻いた切れ目のない「うどん」生地。
これを好きな幅に切って茹でれば、あなた好みのうどんが出来上がる。

ジーアイエスHPより

市販の太麺や平麺に満足できなかった人も、これなら夢のうどんが実現できるはず。
埼玉県鴻巣市の「川幅うどん」や群馬県桐生市の「ひもかわうどん」をしのぐ超幅広うどんにするのも、好きな形に切り抜いて「すいとん」にするのも自由。

どうしてこんな「麺」というか「面」を作ったのか、埼玉県にあるメーカーの「ジーアイエス」に話を聞いてみた。

22×37cmのうどん「面」

ホウドウキョク:
「大江戸 板巻きうどん」はどういう商品なのか?

ジーアイエス:
ロール状に丸めた切れ目のないうどんで、広げると約幅22cm×長さ37cmほど、2人前で250gあります。

普通の麺を作るときは、練り上げた粉を大きなロール状に巻いてから細長く切っていきますが、そこで細長くせずに切り落としています。
それだけなら誰でもできますけど、厚さや弾力などをちょうどいい具合にするまで3年間ぐらい研究を重ねました。
そして今から10年前に「大江戸 板巻きうどん」という名前で商標登録しました。

ホウドウキョク:
会社は埼玉にあるのに「大江戸」という名前にしたのはなぜ?

ジーアイエス:
開発した当時は、会社が東京都・足立区にあったんです。
また、うどんの歴史を調べてみると、江戸時代や鎌倉時代のお店では、ロール状にしたうどんの生地をその場で切って提供していたんですね。

ロール状にするメリット…ジーアイエスのWebによると、生麺は切ってから時間がたつと「うま味」や「水分」を失い、モチモチした食感がなくなってしまうそうだ。ロール状の「板巻きうどん」なら、いつでも切りたての美味しさを楽しめるという。

生パスタ「面」も発売予定

ジーアイエス:
「生パスタ」は昔から興味があって何年も前からいろいろ試行錯誤していました。
その結果、今ちょうど業務用として出始めたところです。
商品としては出来上がっているので、もう少しで間違いなく「生パスタ」は世に出ます

ホウドウキョク:
日本そばやラーメンは?

ジーアイエス:
そばもラーメンも試行錯誤しながら作っている状態です。
ラーメンは「ハリガネ」という固めの状態なら、まあまあイケるんですが、普通に茹でた感じにするのが難しい。
そばは、一般に細いほどウマいと言われていますが、「つなぎ」を使わないため細くするのが非常に難しいんです。

鍋のシメにおすすめです

ホウドウキョク:
日本には他にも様々な「うどん」があるが、「大江戸 板巻きうどん」の特徴は?

ジーアイエス:
これだけ白くて、これだけ美味しくって、これだけ新鮮さを味わえるものは、このうどんしかない!と思っています。

新鮮さ…「大江戸 板巻きうどん」は生めんなのに常温で1か月間保存できる。

ホウドウキョク:
おススメの食べ方は?

ジーアイエス:
これから鍋料理が美味しい季節ですよね。
鍋のシメに ご飯を入れたりしますが、このうどんを入れると、とてもウマい!
10分か15分ぐらい茹でると、鍋の汁がどんどんしみ込んで、 他のどんなうどんと比べてもこれに勝るものはない!
どんな鍋にも合います。夏になったら「サラダうどん」がおススメ。冷たい麺ののど越しは最高です。


読んでいるだけで、ワンタンの皮や「平麺」が好きな人は思わずよだれが出てきそう。


(執筆:editors room)