タバコを吸わない人の肺がん急増!!実は、豆腐と納豆で予防できます

  • タバコを吸わないのに肺がんになるケースが増加!
  • 原因は「女性ホルモン」と「汚染大気」
  • 何と、豆腐1日〇丁で予防可能!

肺がんの50%は、タバコの影響少! 

社民党の又市征治党首が、肺がんの切除手術を受けることを明らかにしました。又市氏は、「4月末の検診で見つかった。早期の発見だったと思う」とし、療養等に1ヶ月程度を要すると話しました。

肺がんは、がんの死亡原因の中で、男性で第1位、女性でも第2位で、年間で7万4000人以上が亡くなっています(2017年)。早期発見できたのは、何よりのことだと思います。

今でも多くの方が、肺がんの原因といえば、タバコ(喫煙)を第一にあげるのではないでしょうか。ところが最近は、タバコを喫わないのに肺がんになるケースが増えていて、何と肺がん全体の50%に達しているんです!男性の肺がんの40%、女性においては、実に70%にまで及んでいて、「どうして私が肺がんに!」と驚く方が少なくありません。

実は、肺がんには、喫煙の影響が非常に大きいタイプ(扁平上皮がんなど)と、影響はあるもののそれほど大きくないタイプ(肺腺がんなど)とがあるのです。

タバコの値上げや喫煙場所の限定など、タバコに関する規制が厳しくなったこともあり、喫煙者の人口は徐々に減少。その結果、「扁平上皮がん」の罹患率は下降傾向に転じています。一方で、肺腺がんは増加しているのです。

肺の奥にあるため、早期発見が困難!

さらに、肺腺がんは早期発見が難しいというやっかいながんです。肺の中では、細い気管支が木の枝のように広がっていて、その末端の肺胞という部分で、二酸化炭素と酸素の入れ替えがおこなわれます。

肺腺がんは、その肺胞のある末端部付近にできるのです。肺の奥深くにできるため、咳や痰などの初期症状が出にくく、早期発見も難しいのです。見つかった時にはかなり進行している、ということも少なくありません。脳や骨に転移し、頭痛や腰痛、背中痛などがひどくなってようやく検査を受け、発見されるケースさえあります。

肺腺がんの原因とは?!

タバコの影響が少ない肺腺がんですが、では原因は何なんでしょうか?近年のさまざまな調査研究から、「エストロゲンの過剰分泌」と「汚染大気」の2つが原因として有力視されています。

「エストロゲン」は女性ホルモンの1つです。初潮が早く、閉経が遅い、月経期間の長い女性ほど、過剰分泌のリスクが高まります。しかも、喫煙しない女性の方が、エストロゲンの影響が大きいことも指摘されています。

意外で手軽な予防法!

早期発見が難しい肺腺がん。何か予防法はあるんでしょうか?エストロゲンが肺腺がんに影響を与えることから、化学構造が似ている「イソフラボン」の働きが注目されています。

イソフラボンは、大豆食品に多く含まれる、植物性ホルモンの1種です。普通は、エストロゲンに「似ている」イソフラボンを摂取すれば、体内でエストロゲンに似た作用をするので逆効果では・・・と思えますが、不思議なことに、肺がんについては反対なのです。しかも、その効果は男性にも大いにあるのです。

国立がん研究センターの調査によれば、イソフラボンを1日48mg摂取するグループは、9mgのグループと比較して、はっきり予防効果がみられました。

罹患リスクが、非喫煙女性では約67%に、非喫煙男性では半分以下の約43%となったのです!何と、男性のほうが予防効果が高いというデータが出ました。もちろん、女性も発症リスクは減少しています。

ただし、喫煙者の場合には、イソフラボンを摂っても効果はみられません。ですから、予防のためにはまず禁煙すること。そして、イソフラボンを一定以上、摂取することが大切です。

では、イソフラボンをどのくらい摂ればいいのでしょうか。イソフラボン48mgとは、豆腐なら160g、1丁の半分弱。納豆なら、1パック+3分の1ですから、1日に2パックで十分おつりが来ます。これなら無理なく続けられますね!

食生活の中で、他の食品と共にバランスよく食べることをお勧めします。

かなまち慈優クリニック 院長
高山 哲朗( 医学博士 )

「その異変病気かも?!」すべての記事を読む

その異変、病気かも?!の他の記事