皇位継承者は3人の現実…安定的な皇位継承の確保に必要なこと

カテゴリ:国内

  • 令和改元の裏側で皇位継承者は3人のみという現実
  • 小泉内閣での有識者会議は女系天皇を認めるべきと報告書
  • 根強い反対理由は「万世一系」…上皇さまのお気持ちは?

令和改元の裏側で皇位継承者は3人という現実

5月1日行われた天皇陛下即位に関する一連の儀式。その映像を見ると、これ以上先送りにできない大きな課題が浮き彫りとなった。

1日天皇皇后両陛下と「即位後朝見の儀」に臨まれた皇族方…華やかな白のドレスに身を包んだ女性皇族の姿が目立つ。

この約40分前に行われた「剣璽等承継の儀」。この儀式に参列する皇族は成人の男性に限られるため、参列されたのは秋篠宮さまと常陸宮さまのお二人だけだった。

ちなみに30年前の前回を見てみると、6人の男性皇族が参列。この30年で男性皇族の人数が大きく変わったことがわかる。

皇室典範は「皇位は皇統に属する男系の男子が、これを継承する」。つまり父方に天皇の血筋を引く男性のみが天皇になると定めている。

現在40歳以下の7人の皇族のうち、悠仁さま以外は全員が女性で、女性皇族は結婚すれば皇室を離れることになっているため、愛子さま、眞子さま、佳子さまはじめ6人の女性皇族が結婚されることを想定すると、近い将来、若い皇族は悠仁さまだけになる可能性もある。

こうした皇族の減少について菅官房長官は…

菅官房長官(1日):
ただ様々な考えと意見がありますから、一連の式典を滞りなく行うということも政府として大事ですよね

などとして、本格的な検討は、皇位継承に関する一連の式典が終わる秋以降としたい考えを示した。

小泉内閣での有識者会議は女系天皇を認めるべきと…

皇族の減少と皇位の安定的な継承をめぐっては、小泉内閣のもとで、女性天皇や、女系天皇を認めるべきかの検討が有識者会議で行われました。

しかし保守系議員から反対意見が…

平沼赳夫氏(2006年2月):
我々日本民族の先人は万世一系の男系を守ってきた。守るべきことは断固、命をかけて守らなければならない(拍手)

それでも有識者会議は、女系天皇を認めるべきだとする報告書をとりまとめた。

小泉元首相(2006年1月):
女系天皇を認めないという議論は、仮に愛子さまが天皇になられたときに、そのお子さんが男でも認めないということですよね。それ、わかってて反対してるんですかね

しかし秋篠宮家に悠仁さまが誕生されると、こうした議論は立ち消えとなり、保守層の支持を受ける現在の安倍総理も、女系天皇を認めることには慎重姿勢だ。

上皇さまがビデオメッセージにこめたお気持ちは…

ただ、2016年に上皇さまが退位の意向をにじませられたビデオメッセージには、安定的に皇位が継承される環境を作ってほしいとの“思い”もこめられていた。

上皇さま(2016年8月):
象徴天皇の務めが常に途切れることなく、安定的に続いていくことをひとえに念じ、ここに私の気持ちをお話しいたしました

今回の退位特例法の付帯決議では、『安定的な皇位継承の確保について速やかに検討を行う』とされているが、その行方は依然、不透明なままとなっている。

皇位継承の厳しい現実と女性天皇への反対論を解説

加藤綾子キャスター:
令和が始まってお祝いムードにあふれていますが、考えてみるとこの問題深刻ですね

福原直英キャスター:
そうなんです。明治以降天皇家の子供の人数がどう変化してきたのか見てみますと、明治天皇は皇后との間に子供ができませんでしたが、皇后以外に認められた側室という女性5人との間に5男10女をもうけます。

続く大正天皇は側室を置かず、以後皇室は一夫一婦制になります。大正天皇は4人の子供すべてが男の子でした。

終戦直後までは天皇家の男子が少なくても、皇位継承権を持つ男子のいる宮家が多くあったため深刻な問題にはなりませんでした。

しかし1947年GHQの占領政策のもと一気に11の宮家が皇籍を離れて民間人になります。

福原直英
残った宮家も跡継ぎの男子が亡くなり、現在皇位継承権を持つのは秋篠宮さま、悠仁さま、常陸宮さまの3人になってしまいました

木村拓也キャスター:
こう見てくるとやはり女性天皇をという声が上がるのも理解できるんですが、なぜ反対論が根強いんでしょう?

福原直英
その理由は「万世一系」。天皇の父方の家系をさかのぼっていくと、最終的に初代である神武天皇に行き着くという考え方にあります

福原直英
仮に女性が天皇になった場合、皇族ではない人と結婚すると生まれてくる子供の父方の家系は天皇の家系ではなくなり、「万世一系」が途切れることになります。伝統を途切れさせていいのか、それで皇室の尊厳を守れるのか、というのが反対が根強い理由になっています

加藤綾子
この問題、風間さんはどうとらえますか?

風間晋解説委員:
日本は切羽詰まらないと何も動かないという悪いところがあるんですよね。人口減少だとか、少子高齢化、社会保障、財政再建みんなそうですよ。なのでもう先送りだとか時間稼ぎをやってる場合じゃないんじゃないかなと思いますよね。

加藤綾子
そうですね

(Live News it! 5月2日放送より)

皇室のバトンの他の記事