陛下が最後のおことば 「退位礼正殿の儀」が終了

カテゴリ:国内

30日午後5時、天皇皇后両陛下は、皇居・宮殿の松の間で「退位礼正殿の儀」に臨まれた。

安倍総理が国民を代表して、陛下へのお礼を伝えたあと、
「即位から三十年、これまでの天皇としての務めを、国民への深い信頼と敬愛をもって行い得たことは、幸せなことでした。象徴としての私を受け入れ、支えてくれた国民に、心から感謝します。」と、陛下が天皇として最後のおことばを述べられた。




陛下は退位後、上皇となられる。
5月1日午前0時には、元号が平成から令和に変わって、皇太子さまが第126代天皇に即位し、皇居・宮殿で
三種の神器を受け継ぐ「剣璽等承継の儀」に続いて、皇后となる雅子さまとともに三権の長らと面会する
「即位後朝見の儀」に臨まれる。