【リアルタイム速報】平成に幕…「令和」時代始まる

カテゴリ:国内

【5月1日17時過ぎ】両陛下 皇居を出発され赤坂御所へ

天皇皇后両陛下は、皇族方などからの祝賀を終えられた後、皇居を出発され、赤坂御所に戻られた。

【5月1日15時30分】秋篠宮さまはじめ皇族方から祝賀

天皇皇后両陛下は皇居で、秋篠宮さまをはじめ皇族方などから祝賀を受けられた。
秋篠宮さまが「天皇陛下におかれましては、この度ご即位なされましたことを心よりお喜び申し上げます」と述べられると、陛下は「どうもありがとう」と応じられた。

【5月1日午後2時50分】祝賀のため、両陛下が再び皇居へ

天皇皇后両陛下は、祝賀などのため皇居に向かわれた。
皇居の吹上仙洞御所で上皇ご夫妻にあいさつをされた後、皇位継承順位1位の皇嗣となった秋篠宮さまをはじめ皇族方などから祝賀を受けられる。

【5月1日午前11時20分頃】即位後朝見の儀、終わる

即位後朝見の儀で、天皇陛下がおことばを述べられ、安倍首相が国民代表として辞を述べた。
皇后雅子さまを始め皇族の方々は、皇居からそれぞれのお住まいに戻られ、天皇陛下はご執務を行う。

陛下のお言葉と、安倍首相の国民代表の辞全文は以下の記事から
(関連記事:【速報】陛下が即位後初おことば 即位後朝見の儀

【5月1日午前11時12分】即位後朝見の儀、始まる

皇嗣同妃両殿下を始め、成年皇族、国民の代表(立法・行政・司法・地方公共団体他とその配偶者)など、300を超える人が松の間に集まり、即位後朝見の儀が始まった。


【5月1日午前10時56分】紀子さま、眞子さまと佳子さまが皇居へ

<動画で見る>紀子さま 眞子さま 佳子さま到着 皇居で儀式に列席へ

【5月1日午前10時40分】皇后さま、にこやかな笑顔で皇居へ向けご出発

ローブデコルテの“長袖版”と第一ティアラをお召しになり、にこやかな笑顔で即位後朝見の儀が行われる皇居へと向かった。

<動画で見る>ハーバードから外務省へ ご友人が語る皇后雅子さまの素顔

【5月1日午前10時30分】剣璽等承継の儀

天皇陛下は、歴代の天皇に伝わる剣と勾玉などを受け継ぐ「剣璽等承継の儀」に臨まれた。

(関連記事:【速報】三種の神器を新天皇に 「剣璽等承継の儀」を動画で見る)

【5月1日午前9時51分】天皇陛下、皇居へ向けご出発

天皇陛下は、お住まいの赤坂御所を車で出発され、皇居へ向かった。
この後、三種の神器のうち「剣璽」と呼ばれる剣と勾玉などを受け継ぐ「剣璽等承継の儀」に臨まれる。

<動画で見る>ビールを飲んで青春謳歌も 天皇陛下の59年

安倍首相夫妻も皇居に到着した。

皇嗣となられた秋篠宮さまも皇居に到着された。

【5月1日午前9時】陛下のお言葉などを閣議決定

臨時閣議が行われ、政府は天皇陛下のお言葉と、安倍首相の国民代表の辞を決定した。

(関連記事:神秘と波乱の「三種の神器」 即位の儀式生中継をより興味深く見るポイント

【5月1日午前0時】「令和」スタート

元号が「平成」から「令和」に変わった。

“改元の瞬間”の渋谷スクランブル交差点

【4月30日 午後7時ごろ】両陛下 在位中の務め終えられる

「退位礼正殿の儀」を終えた両陛下は、皇族方や宮内庁職員らから挨拶を受けたあと、午後7時ごろ、お住まいの御所へ戻り、在位中の務めを終えられた。
挨拶に出席した宮内庁職員によると、室内が大勢の職員や皇宮護衛官で埋まる中、陛下はマイクを使わず、ご自身の声で淡々とこれまでの感謝の言葉を述べられたという。

【4月30日 午後5時40分】

皇太子さまが皇居をご出発。
5月1日午前0時には、元号が平成から令和に変わって、皇太子さまが第126代天皇に即位し、皇居・宮殿で三種の神器を受け継ぐ「剣璽等承継の儀」に続いて、皇后となる雅子さまとともに三権の長らと面会する「即位後朝見の儀」に臨まれる。

【4月30日 午後5時】 退位礼正殿の儀

退位礼正殿の儀始まる。
安倍総理が国民を代表して、「本日ここに御退位の日を迎え、これまでの年月を顧み、いかなる時も国民と苦楽を共にされた天皇陛下の御心に思いを致し、深い敬愛と感謝の念を今一度新たにする次第であります。」と陛下へのお礼を伝えた。(安倍総理の国民代表の辞 全文

そして「即位から三十年、これまでの天皇としての務めを、国民への深い信頼と敬愛をもって行い得たことは、幸せなことでした。象徴としての私を受け入れ、支えてくれた国民に、心から感謝します。」と、陛下が天皇として最後のおことばを述べられた。(陛下の最後のおことば 全文

(関連記事:陛下最後のおことば 「信頼と敬愛」に込められた“継承”の思い

【4月30日午後4時】韓国 文大統領が陛下に「書簡」

韓国の文在寅大統領はきょう退位を迎える天皇陛下に対し「日韓関係の発展に寄与された事を感謝する」との書簡を送った。 

韓国外務省によると、文大統領は天皇陛下が在位期間中、平和の大切さを守って行く事の重要さを強調し、日韓関係の発展に大きな寄与をしたことに対して謝意を表わす書簡を天皇陛下に送りました。

書簡には、「退位以後にも両国関係発展のために努力してくださることを期待します」との文言も含まれているという。

(関連記事:韓国から見たお代替わり…大統領は陛下に感謝もメディアは「安倍批判」

【4月30日午前10時】 賢所大前の儀 

陛下は賢所で「退位礼当日賢所大前の儀」に臨まれた。
「黄櫨染御袍」(こうろぜんのごほう)という天皇のみが着用できる特別な装束を身に着けた陛下は、天皇家の祖先とされる天照大神などに、きょう退位することを報告された。

陛下は、このあと、きょう午後5時から退位を広く明らかにし、最後に国民の代表に会う「退位礼正殿の儀」に臨み、天皇として最後のお言葉を述べられる予定。

【関連記事】「皇室のバトン」の記事をまとめて読む

皇室のバトンの他の記事