ヘンリー王子&メーガン妃“アフリカ移住計画”!? ウィリアム王子「できるだけ遠くに…」その真意とは?

カテゴリ:ワールド

  • イギリス王室・ヘンリー王子とメーガン妃 第1子出産後にアフリカへ移住する計画が浮上?
  • 最有力候補地はヘンリー王子の“第二の故郷”ボツワナ共和国か
  • ウィリアム王子とヘンリー王子に“不仲説”も…

移住先はヘンリー王子“第二の故郷”?

2018年5月に結婚したイギリス王室のヘンリー王子とメーガン妃。
4月下旬に第1子が生まれる予定で、多くの人がロイヤルベビーの誕生を待ち望んでいる。

しかしイギリスでは今、今後のヘンリー一家の動きをめぐり、驚きの情報が飛び交っている。
イギリスの伝統ある大手新聞「the Sunday Times」によると、ヘンリー王子とメーガン妃に第1子が生まれた後、2~3年間アフリカに引っ越すプランが出ているというのだ。

“アフリカ移住計画”は、本当なのか?
イギリス王室ジャーナリストの多賀幹子さんに、真相について聞いた。
 

木下康太郎フィールドキャスター:
ヘンリー王子とメーガン妃の移住先、最有力はボツワナ共和国ではないかと言われていますが、その理由がこちらです。
 

<ボツワナ共和国が“最有力候補”のワケ>

・ヘンリー王子が後援する非営利団体の活動地域であり、2人でデートなどをした思い出の地でもある。
→ヘンリー王子は「ボツワナ共和国は第二の故郷」と発言している。

・兄であるウィリアム王子が「ヘンリー王子とメーガン妃をできるだけ遠くに置いてほしい」と望んでいるという情報もある。
→イギリス王室に詳しいテックインサイト村上あい編集長によると、ウィリアム王子は「好奇の目から逃してあげたい気持ち半分、自分から遠ざけたい気持ち半分」らしい。


木下康太郎フィールドキャスター:
婚約指輪もボツワナのダイヤを使っているということで、お2人にとってボツワナは大変ゆかりのある場所ということです。

安藤優子:
多賀さん、この話は本当なんですか?

多賀幹子氏(ジャーナリスト):
来年あたり、アフリカあたりに行くのではないかと。カナダとかオーストラリアっていう候補地も出たんですけど、二人がとても心を寄せているアフリカに移住させたいということまでは決まっているようですね。

安藤優子:
その「移住させたい」の主語は誰ですか?

多賀幹子氏(ジャーナリスト):
チャールズ皇太子と女王です。チャールズ皇太子は次の次を見ていまして、次は自分が国王ですよね。すると次はウィリアム王子ということで、ウィリアム王子とキャサリン妃をかすませてはいけないと。
イギリス王室から出るニュースは今全部、メーガン妃なんですよ。あくまでもウィリアム王子とキャサリン妃が一番前に出てきてもらわないと困るので、冷却期間を持ってもらうということですね。

安藤優子:
お兄さんを差し置いて、そんなに目立つなよっていうことでしょうか。それでアフリカに移住させるというのはすごいですね。

土屋礼央:
日本だと、どっちが人気だとか考えたことないですが、イギリスはこういうことを気にするものなんですか?

多賀幹子氏(ジャーナリスト):
そうです、人気ランキングなんかも出してますからね。
 

蜜月兄弟に何が?メーガン妃とキャサリン妃の“確執”も…

木下康太郎フィールドキャスター:
ウィリアム王子とヘンリー王子は、もともと非常に仲の良いイメージがありましたよね。それが今は、不仲説が出ているんです。


<仲良し兄弟に何が?>
・ヘンリー王子は「母が亡くなって以来、僕たちはとても仲良くなった。地球上でただ一人何でも話し合える相手」と話すほど兄弟仲は良かった。

しかし、蜜月兄弟に不仲報道が続々…

・ヘンリー王子がキャサリン妃の誕生日会を初めて欠席。「招待されなかった」との報道も…

・今月21日、公式行事の場で兄弟は目も合わさず、口もきかなかったと報道されている。

 
木下康太郎フィールドキャスター:
多賀さん、誕生日会に招待されなかったというのは本当ですか?

多賀幹子氏(ジャーナリスト):
いいえ、招待しています。どうぞ来てくださいとカードを送っていますよ。
毎年ヘンリー王子は小さなお土産を持って、楽しそうに、うれしそうにお姉さんのために行っていたので「今年はいったいどうしたんだろう、これは間違いなくメーガン妃が行ってはだめと言ったんじゃないか」と、憶測が広がっているんですよ。

倉田大誠アナウンサー:
メーガン妃がヘンリー王子に「行くな」と言ったということですか。

安藤優子:
そういえば、メーガン妃とキャサリン妃が大ゲンカしたという話もありましたよね。

多賀幹子氏(ジャーナリスト):
そうです、そうです。シャーロット王女のドレスが仮縫いの時に「裾が長い、だいたいデザインがおかしい」と言われたとか。メーガン妃がキャサリン妃のスタッフを叱った時に、叱らないでほしい、私のスタッフは私が叱るので私に言ってください、と言われたとか…

土屋礼央:
結婚すると、誰よりも奥さんの意見を一番に守らなければっていう部分があるのかなって気はしますね。ウィリアム王子とヘンリー王子は今まで仲良かったのに…

多賀幹子氏(ジャーナリスト):
実の兄弟よりも配偶者の意見を尊重する、そうすると兄弟でぶつかることになってしまうんでしょう。

倉田大誠アナウンサー:
やっぱり奥様のことを愛していますから、しょうがない部分なんですかね。

木下康太郎フィールドキャスター:
最新の情報だと、キャサリン妃とヘンリー王子の2ショットが公開されたんですよね。

多賀幹子氏(ジャーナリスト):
そうです。「アンザック・デー」という、亡くなった多くの兵士の追悼をする催しがあったんですが、ウィリアム王子は今ニュージーランドに行っていますし、お腹の大きいメーガン妃はいないので、キャサリン妃とヘンリー王子のお二人が…これは仲良くニコニコ笑って冗談を言って、この2人は仲いいんだなって、久しぶりに心和みました。

安藤優子:
配偶者がそこに加わるとおかしくなるわけですか。王室でもそんなことが起きるわけで、一般のおうちと同じなんだなって思いますね。


(「直撃LIVE グッディ!」4月26日放送分より)

グッディ!の他の記事