許される? 夏までには起訴猶予へ AAAリーダー逮捕翌日に釈放のワケ

カテゴリ:国内

  • 「AAA」の浦田直也リーダー 逮捕翌日に釈放されたのは想定内
  • 検察の処理も最近はスピーディーになっている
  • 今年の夏までには起訴猶予か

スピード釈放は想定内

オオシバくん:
AAA浦田直也さんが、釈放されたんだね。

平松デスク:
面識のない女性に、コンビニで暴力を振るって逮捕されたのが、4月20日。その翌日には、釈放されたから、確かに、スピード釈放と言えるかもしれないけど、想定内だよ。

オオシバくん:
どういうことなの?

平松デスク:
浦田さんは、逮捕当初、『酒に酔って覚えていない』と容疑を否認していた。その後、送検されて、検察官は、身柄を拘束したまま取り調べを続けたいと主張して、勾留請求をしたんだ。

勾留って、最近、日産ゴーン事件で、よく聞く言葉でしょ?ところが、東京地裁は、勾留する必要はないと判断して、検察側の請求を退けたんだ。要は、裁判官が、浦田さんの勾留を認めなかったのさ。だから、釈放されたんだよ。

送検された際の「AAA」の浦田直也リーダー

保釈と釈放ってどう違う?

オオシバくん:
保釈と釈放って、似ていて混乱しちゃうよ。

平松デスク:
保釈というのは、起訴された被告の勾留生活を解除すること。要は、シャバに戻すこと。

これに対して、釈放は、身柄を拘束されている人を解放すること。今回のように、起訴される前の容疑者をシャバに戻すことも釈放だし、無罪判決や執行猶予の判決で、解放されることも釈放だよ。

オオシバくん:
なぜ、浦田さんは釈放されたの?

平松デスク:
浦田さんがやったとされることは決して許されない。被害者の女性も、怒っているでしょう。一方で、じゃあ、重大事件かというと、決してそうではない。

身柄を拘束したままで、長期間取り調べを続けるほどの事件ではない。あってはならない話だが、酔っぱらいの暴力沙汰は、日常的によくある話。だから、否認とは言え逮捕翌日に釈放されたんだ。

夏までに起訴猶予か

オオシバくん:
じゃあ、これから、浦田さんはどうなるの?

平松デスク:
間違いなく、起訴猶予になると思う。やったことは悪いけど、起訴は見送られるよ。ただ、そのためには、ちゃんと、被害者の女性に許してもらって、示談に応じてもらわなくちゃいけない。

そうなれば夏までには起訴猶予になると思うよ。刑事事件としては終わりということ。最近は、検察の処理もスピーディーだからね。その後の活動再開については、本人次第じゃないのかな。

【解説:フジテレビ 社会部デスク 平松秀敏】

取材部の他の記事