代返できない…「顔認証」の出欠確認を兵庫医大が導入 学生の反応を聞いた

カテゴリ:国内

  • 兵庫医科大学が“顔認証”で学生の出欠を確認する仕組みを導入
  • 目的は「学生のサポート」と「教職員の業務時間の削減」
  • 意外にも学生からも好意的な反応のワケは?

大学の講義の出欠確認といえば、出欠表や出席カードに名前などを書いて提出するのが一般的だが、兵庫医科大学がこれとは全く異なる仕組みを4月5日から導入し、話題になっている。。
この仕組みだと、本人以外の学生によるいわゆる「代返」ができなくなってしまうはず。

それは「顔認証での出欠確認」。
国内の大学では初めての試みなのだという。

どのようにして出欠確認をするのかというと、まずは、認証機能付きのタブレット端末を、1~4年の講義室にそれぞれ教員用1台、学生用3台の合計16台配備。
約470人が顔を事前登録した上で、授業の冒頭でタブレットを順次、回して顔をかざし、出席を登録。
教員用タブレット端末には顔認証の様子がリアルタイムで映し出され、出欠状況が即座に分かる仕組みとなっている。

こうした仕組みの導入の目的はやはり「代返」防止なのか?
また、「顔認証システム」は出欠を管理する「教務システム」と連動させているというが、これにはどのようなメリットがあるのか?
兵庫医科大学の担当者に話を聞いた。

目的は「学生のサポート」と「教職員の業務時間の削減」

――このシステムを導入する目的は?「代返」防止?

「学生の通学・出席状況をタイムリーに把握してサポートすること」や「教職員の出欠管理業務の時間を削減すること」などです。


――「学生の通学・出席状況をタイムリーに把握してサポート」とは、どういうこと?

タイムリーな出欠状況の確認が可能になることで、「留年するほど学力が低下」してしまうよりも前の段階で、早期に学生のサポートやフォローを行えるようになります。


――「教職員の出欠管理業務の時間を削減」とは、どういうこと?

「紙の出欠表を配り、それを回集して、集計する」という作業時間が導入によって短縮できるため、教職員が出欠管理のためにかけていた時間を別の業務に充てることができるようになります。

学生からは「手間が省けてありがたい」という意見

――「顔認証システム」と「教務システム」を連動。これにはどのようなメリットがある?

従来は、各講座でそれぞれ出欠管理を行っていました。

そのため各講座に対して、「欠席に関する調査依頼を行い、データを収集するまでは、大学として学生の状況把握ができませんでした。

しかし今回、大学で使用している「教務システム」と、「顔認証システム」の出欠データがリアルタイムで連携することで、大学として学生の状況をよりタイムリーに把握できるようになりました。

――この出欠確認の仕組みに対する、学生の反応は?

学生からは、「いちいち出席カードを提出する手間が省けてありがたい」「紙の出席カードは、授業の最後に出し忘れたり、授業中に紛失したりすることがあるが、顔認証システムの場合はその心配がない」などの意見がありました。

顔認証システムでの出欠確認の導入について、教員からは「出欠管理に関する業務時間が削減できる」と好評だというのはうなずけるが、意外にも、学生からも好意的に受け止められているという。