ハンマーと熱湯で元夫を殺害…55歳女 日常的に暴力ふるっていたか

カテゴリ:国内

  • 三鷹市のアパートで元夫を殺害した疑い 55歳女を逮捕
  • ハンマーで殴り熱湯かけ…驚きの手口
  • 元夫が同僚にこぼしていた「女房に殴られた」 日常的に暴力受けていたか

同居中の元夫を殺害 「床で寝ていて腹を立て…」

同居していた元夫をハンマーで殴り、熱湯をかけて殺害したとして殺人の疑いで逮捕された女。
取材の中で浮かび上がってきたのは、元夫が女から受けていたとみられる日常的な暴力だった。

殺人の疑いで逮捕されたのは、秋山朝子容疑者(55)。
車椅子から警察官に抱え上げられるようにして警察車両に乗せられた。

通報があったのは、14日正午ごろ。
無職の秋山朝子容疑者(55)は14日の朝、同居していた元夫の秋山均さん(60)が床で寝ているのを発見。

ベッドへ行くように言ったものの動かなかった均さんに腹を立て、鉄製のハンマーで前頭部を複数回殴打した上、給湯器から洗面器でくんだ熱湯を上半身を中心にかけ、火傷を負わせたという。

その後、秋山容疑者は「元夫がひっくり返って動かない」と自ら119番通報。
均さんは搬送先の病院で死亡が確認され、秋山容疑者は殺人の疑いで逮捕された。

元同僚が証言「よく顔にアザつくっていた」

秋山容疑者と均さんは去年7月に離婚していたが、その後も現場のアパートで同居。
近隣住民によると、部屋からはときおり、2人の大きな声が聞こえていたという。

近所の住民:
奥様(秋山容疑者)の方が足が不自由っていうか、ご主人の方がけっこう気遣ってあげてました。
何かの時に「お母ちゃんに怒られちゃうから」みたいなことは言ってた。

足が不自由な秋山容疑者を気遣っていたという均さん。
しかし、13日にも均さんに会ったという元同僚は、秋山容疑者による日常的とみられる暴力の痕を見ていたという。

均さんの元同僚:
前、会社にいた時によく顔にアザつくって来ていた。日常的になんかやられてたかもしれない。
(なぜ殴られていたかについては)そういう話はしません。ただ「やられた」ってだけで。「女房に殴られた」ってだけで…

(秋山容疑者の性格は)どっちかっていうとカーッとする方じゃないかな。(家事は)全部秋山くんが、旦那がやっていましたよ。

秋山容疑者は動機について「旦那が家事を手伝わないので不満がたまっていた」と供述し、容疑を認めているという。


(「Live News it!」4月15日放送分より)

Live News it!の他の記事