新紙幣の顔で“早慶バトル”!?「大隈重信はなぜ紙幣になれない」

カテゴリ:国内

  • 紙幣の顔にならなかった大隈重信、紙幣の顔を外れる福沢諭吉
  • 早稲田、慶応両大学の学生は何を思う
  • なぜ大隈重信が選ばれなかったのか

大隈重信が新紙幣に選ばれないことを悔しがる声

9日発表された新紙幣

新紙幣の発表を受け、ツイッターには
「大隈重信がお札になればな」
「次の1万円札は大隈重信だろ」
などと、早稲田大学の創立者・大隈重信が選ばれなかったことを悔やしがる声が…。

1万円札の顔でなくなる福沢諭吉  慶応・早稲田の学生は...

一方、今回の発表で、一万円札の顔ではなくなる福沢諭吉が創立した慶応義塾大学の学生は・・・

慶応義塾大学 学生:
いやー、福沢先生が(紙幣から)いなくなるのはやっぱり寂しいですね、慶応としては。

慶応義塾大学 学生:
(新紙幣が)大隈重信ってなったら、ちょっと慶応生は悔しい気持ちもあったかもしれないので、そこはちょっとよかったかもしれないですね。

一方、早稲田大学の学生にもライバル心が…

 早稲田大学 学生:
(1万円札の)福沢諭吉先生のおかげで、慶応の方がすごく大きな顔をするので、そう考えると
(新紙幣は)ちょっとせいせいするというか。

紙幣に選ばれる人は?決定の流れは?

そもそも紙幣に選ばれるのは、
教科書に載っているような世界に誇れる偉人」で、
偽造防止のため「精密な写真や絵画が入手できる人物」。

財務省日本銀行国立印刷局の3者が協議して、最終決定は財務相が下すという。

政治ジャーナリストの田﨑史郎氏は、「麻生財務相は、去年の6月か7月に、お札を担当している(財務省)理財局の局長と一緒に、国立印刷局を視察している。その頃から作業が始まってると思う」と分析する。

今回新紙幣に選ばれた人と大隈重信の共通点とは?

また、今回選ばれた人と大隈重信には、ある共通点があるという。

日本近代政治に詳しい東京大学の本郷和人教授は、その共通点について、「みんな明治を生きた、日本が新しくなるという時代を共に生き抜いた」と指摘する。

首相を2度つとめた大隈重信。

その時代、国の下で研究していた北里柴三郎は、新1000円札になる。

慶応出身の小泉首相(当時)の時代 福沢諭吉を継続

また、現在の紙幣が発表された2002年、当時の小泉首相と塩川財務相は慶応出身だった。
福沢諭吉が新紙幣で継続となったこととの関係性を問われ・・・

福田康夫官房長官:
そんなケチな考え方して決めたことではないと思う。

早稲田出身の福田官房長官がこれを否定した。

1万円札が福沢諭吉から渋沢栄一に…早慶の学生は?

今回、40年に渡る1万円札の顔は、福沢諭吉から渋沢栄一にバトンタッチすることになった。
これに対し、早慶の学生は...

早稲田大学 学生:
非常に残念ですね。大隈重信だったら、胸を張って毎日過ごせそうですけど。

慶応義塾大学 学生:
(福沢諭吉の一万円札を)変える必要はあるのかな?とは思います。

もしも大隈重信がお札のデザインになっていたら?と聞いてみると…

慶応義塾大学学生:
もう…日本じゃない所で暮らしていたかもしれません。

学生たちは対抗意識を燃やしているようだ。

福沢諭吉と大隈重信は「意気投合していた」

福沢諭吉と大隈重信の関係について、本郷和人教授は、「日本の未来のために若い人材を育てようということで(2人は)意気投合していた」と話す。
2人は同志のような関係だったというのだ。

大隈重信が選ばれない理由とは

ではなぜ、大隈重信は紙幣に選ばれないのか。

元印刷局勤務の植村峻氏は、「世界的な傾向でも、 政治家よりも全体として文化人という傾向にある」と指摘する。

以前は、首相経験者の伊藤博文などが選ばれていたが、政治家の起用は批判されやすく、今は文化人中心となっている。
1984年以来、政治家は選ばれていない。

(「めざましテレビ」4月11日放送より)

めざましテレビの他の記事