世界記録は1時間20分!実はとんでもないスピード競技!東京パラリンピック マラソンルート発表

  • 東京パラリンピックのマラソン競技のルートが発表された
  • 車いすマラソンの世界記録はマラソンより速い1時間20分!
  • 車いすマラソン選手の視点でマラソンルートを検証してみた

東京パラリンピックのマラソンのルートが発表

開幕まで504日となった東京パラリンピック。

4月8日マラソン競技のコースが発表され新国立競技場がスタートとゴールとなる東京オリンピックと同じルートになることが分かった。

コースの発表会見で日本パラ陸上競技連盟 増田明美会長は
「パラリンピックの行われてきた大会では過去最高に走りやすいのではないかと思います。これは日本が誇れるコースだと思います。」と話した。

また車いす陸上選手の西田宗城氏も今回のコースについて「オリンピックと同じコースというところが、1番選手としてのモチベーションが上がると感じています 」と話していた。

パラリンピックマラソン 実はオリンピック記録超え!?

このパラリンピックのマラソン。実は想像を超えるとんでもないスピードと激しさを誇る競技であることは、意外と知られていない。めざましテレビでは、パラリンピックマラソンのすごさとコースの注目ポイントに迫った。

まずパラリンピックのマラソン競技にはどんな種目があるのだろうか?

日本パラ陸上競技連盟 花岡伸和副理事長
視覚障害のクラス。上肢切断のクラス。あと車いすのクラス。この3つの種目があります。中でも車いすが昔から競技人口としても競技レベルとしても非常に多く、高いですね。

マラソン競技で使用する車いすはレーシングカーのようなスピード感あふれるデザインに、片手でも軽々持てるほどの軽量化がなされている。

その「車いすマラソン」が実はすごい競技なのはそのスピード!

日本パラ陸上競技連盟 花岡伸和副理事長
世界記録は1時間20分14秒というタイムがありますので、スピードに換算すると平均時速で30km超えてきますから

男子マラソンの世界記録は2時間1分39秒。車いすマラソンの方がおよそ40分も速い記録だ。

勝つためのポイントは風の抵抗をいかに少なくできるか

風の抵抗を減らすため、車いすマラソンでは、選手が縦に1列になって走行しているシーンがよく見られ、去年の大分国際車いすマラソンでは、1位から6位までの選手がわずか2秒以内にひしめく僅差の勝負となっていた。風の影響は決して無視できない。

では4月8日発表されたコースで、勝負のポイントとなる場所はあるのだろうか?

2012年のロンドンパラリンピックで5位入賞の経験もある花岡伸和氏に実際にチェックしてもらうことにし、コースを一緒に移動してみた。

スタート地点となる新国立競技場をまずは北上。

前半の下り坂では体重が重い選手が有利

右折して靖国通りに入ったおよそ2キロ地点で、花岡氏が何かに気づいた。

日本パラ陸上競技連盟 花岡伸和副理事長
下り始めになりますので、やはり下りの得意な体の大きな選手、体重の重い選手というのはもうここからペースを上げていこうと狙っています。ここでしっかりと先頭集団に食らいついておくというのがまず第一のポイントだと思います。

その後、東京ドームがある水道橋や日本橋を通過し浅草で折り返し。その後、銀座を抜けて東京タワーがある芝公園でUターンする。

風を読んで体力を温存する戦術変更が勝負のカギ

ここでは花岡氏が風向きが気になると指摘。

日本パラ陸上競技連盟 花岡伸和副理事長
品川から芝公園まで走ってくる間、ビルの隙間を抜けてくる海風が気になるんじゃないかなと思うんですよね。ビル風が途中に吹くことや折り返して風の向きが変わるので、選手にとっては風を読まなければいけない。体力を温存するためにも戦術の変更というのを求められるポイントとなるのではないかなと思います。

最後に待っている3kmの上り坂がヤマ場

また取材した日はあいにくの雨模様だったが、花岡氏は雨が降ると、手が滑って車輪を押す力が加わりにくくなり、有力選手の脱落などで予想外の波乱が起きることもあると指摘していた。

その後、コースは皇居・二重橋前も経由して来た道を戻るが、およそ37kmの地点には、先ほどは下りだった長~い上り坂が…

日本パラ陸上競技連盟 花岡伸和副理事長
3km登り切るというのは非常に大きな負担がかかりますから、42kmのうち40kmを走ってきたところですから、ここで体力を残せてる選手が勝つ

そしてゴールは再び新国立競技場へ。

今回のコースについてパラ陸上競技連盟の増田明美会長は
大歓声を浴びて帰ってくるというのは頑張った選手へのご褒美のような感じでいい。オリンピックは沿道にたくさんの観客が来てくれるが、パラリンピックも頑張る選手たちに沿道から声援を送ってほしい」とも話していた。

(「めざましテレビ」4月9日放送より)

めざましテレビの他の記事