「現金一切使えず」本拠地スタジアムを“完全キャッシュレス化”!楽天の狙いとは…

カテゴリ:ビジネス

  • 「現金一切使えず」楽天球団が“完全キャッシュレス球場”をスタート
  • 弁当 ビール 球団グッズなどすべての支払いは楽天ペイ 楽天エディなどで
  • 「球場から街中へ」日本のキャッシュレス社会を後押しできれば

楽天本拠地では一切現金は使えません!   

東北楽天ゴールデンイーグルスのホームゲーム

ホームでの開幕戦に臨んだプロ野球、東北楽天ゴールデンイーグルス。

雪が舞う、あいにくの天候にもかかわらず、ホーム開幕戦として過去最多の2万7000人が詰め掛けた。

実はこのスタジアム、4月2日からある新しい制度を導入した。

「完全キャッシュレス化」をスタート

観客席でおなじみのビール販売だが、現金のやりとりはない。

客席のビール販売だけでなく、場内のチケットやお弁当、球団グッズの販売も全てが キャッシュレス。

楽天は今シーズン、本拠地で行われる公式戦から「完全キャッシュレス化」をスタートした。

球団グッズの販売もキャッシュレス

球場内の店舗では原則、現金は利用できなくなり、支払いは、楽天ペイ、楽天エディなどでの決済のみ。

店員

支払いが楽天ペイやエディで、自分の頭の中でバタバタしていたが、現金の渡し間違いなどがないので楽です

 一方観客も…

観客
リュックサックとかいろいろ持っていると、財布出すのが大変なので、逆にいい

と好意的だった。

「娘に頼るしかないかな」戸惑う高齢者も

しかし高齢者などからは「困った」という声 も…

観客(60代)
使い方がわからなくて、取りあえず『お金あるから買ってちょうだい』と娘に言って一緒に買ってもらった。どういうふうにしたらいいかわからないから、娘を頼るしかないかな、きょう1日は

現金が使えず困る人も…

観客(60代)
スマホの使い方がいまいちわからずお店の方にやってもらった。時代の波に乗るのは難しいです

楽天ぺイでの購入には、ドリンクの割引やポイントバックのキャンペーンを展開し、キャッシュレスを使い慣れていない人には、サポート専用の窓口を球場に5カ所設置した。

さらに、利便性を考え、エディ専用のチャージ機をこれまでの4倍となる100台に増設するなど、サービスを強化している。

エディ専用のチャージ機を増設

また野球だけでなく、同じく楽天が運営するサッカーチーム ヴィッセル神戸の本拠地開幕戦でも「完全キャッシュレス化」を導入した。

なぜ楽天は「キャッシュレス」の普及に力を入れるのだろうか?

日本のキャッシュレス社会を後押しできれば…

楽天野球団 経営企画室・江副翠室長
楽天グループは、楽天ペイ・楽天エディ、楽天カードといった、たくさんのキャッシュレスの手段を持っていて、日本のキャッシュレス社会をけん引していく役割があると思っています。球場で完全キャッシュレス化をすることによって、街中にそれが広がり、日本のキャッシュレス社会を後押しすることになるのではないか

楽天野球団 経営企画室・江副翠室長

LINEやソフトバンク、ヤフーなどが大型還元キャンペーンを展開するなど、群雄割拠の時代を迎えたキャッシュレス市場。


楽天は、この取り組みで、より幅広い層の顧客を取り込みたい考えだ 。

(「Live News α」4月2 日 放送分)

キャッシュレス時代の“お金”の他の記事