「美しい」「めでたい」…新元号「令和」に肯定的 SNSの反応を分析してみた

カテゴリ:国内

  • 5月1日からの新元号は「令和」に決定
  • 「響きがかっこいい」ネットの反応はおおむね肯定的
  • 一方で平成の終わりを寂しがる投稿も

政府は1日、平成に代わり、5月1日から始まる新元号に「令和」を選定したと発表した。
「令和」という言葉は、日本最古の歌集「万葉集」の「梅花の歌」の序文に由来する。

645年に「大化」が定められて以降、これまでの元号は中国の書物から出典されてきたというが、今回は初めて日本の書物が由来となった。
天皇陛下の退位、新元号の事前発表と、平成から令和への移り変わりは、これまでにない形となっている。

では、令和という新元号は、ツイッターではどのような反応がみられたのだろうか。
「令和」と「新元号」というキーワードを含む投稿の傾向を、ビッグデータの解析ツール「Social Insight」で調べてみた。

国民的イベントにネットも盛り上がる

ツイート数の推移(ユーザーローカル提供)
午後2時30分現在のツイート数(ユーザーローカル提供)

解析可能な3月19日から4月1日までのデータによると、「令和」と「新元号」を含むツイートが初登場したのは4月1日になってからだが、午後2時30分現在、ツイート数は36万3,312件にのぼっており、注目度の高さがうかがい知れる結果となった。

このうち、4月1日を時間帯別で見ると、午前11時より前には「令和」と「新元号」が含まれる投稿がないことも分かった。ネットでは「未来人だから知ってたんだけどね」「予想は的中といった感じですな 知ってた!」といった冗談も見られたが、ネット上での予想は外れていたようだ。

(ユーザーローカル提供)
投稿の性別と年齢層の割合(ユーザーローカル提供)

また、ツイートしたユーザーのプロフィール情報を分析すると、性別割合は男性が48.7%、女性が51.3%とほぼ拮抗。
年齢層別では、20代の投稿が46.8%でもっとも多く、次いで30代の23.6%となったが、10代や40代も一定数が投稿していた。老若男女の注目を集めたが、その中でも昭和の終わりから平成の始まりごろに誕生した、ユーザーの関心が高いとみていいだろう。
ツイッターでも「生まれたときの元号が終わってしまう」といったつぶやきがみられた。

「めでたい」「平成」「出典」...気になる関連キーワード

このほか、投稿と同時にツイートされたキーワードを名詞・動詞・形容詞に分類し、特徴性や出現回数でランキング化すると以下の結果に。

【名詞】
1位:平成(1300スコア・189回出現)
2位:れい(772スコア・110回出現)
3位:発表(770スコア・332回出現)
4位:官房長官(628スコア・81回出現)
5位:出典(572スコア・78回出現)

【動詞】
1位 決まる(749スコア・209回出現)
2位 合わせる(172スコア・40回出現)
3位 和らぐ(141スコア・17回出現)
4位 改める(131スコア・15回出現)
5位 相次ぐ(117スコア・18回出現)

【形容詞】
1位 新しい(155スコア・60回出現)
2位 美しい(62スコア・17回出現)
3位 少ない(43スコア・13回出現)
4位 早い(38スコア・19回出現)
5位 めでたい(29スコア・4回出現)

名詞では「平成」や「発表」といった言葉のほか、「れい」というひらがなも2位に入った。
これは令和の読みを説明するため、多くのユーザーが使ったためと考えられる。

このほか、形容詞では「美しい」「めでたい」といった、令和の選定を肯定的に捉える言葉が数多くランクインした。

「令和」「新元号」とともにツイートされた内容の可視化(ユーザーローカル提供)
(ユーザーローカル提供)

新元号が「令和」と決まり、平成の終わりと新時代の到来が現実的なものとなってきた。
ネットからはさまざまな反応があったが、多くの方が投稿した「良い時代になってほしい」という願いが届くことを祈りたい。

ゆく時代くる時代の他の記事