【岡山県】移住体感ツアーを実施しました!(1日目・「津山市」の巻)

プレスリリース配信元:岡山県

期間:令和元年7月27日(土)~28日(日)  訪問先:津山市・美咲町

岡山県では、年に3回。移住希望者の方を実際の現地にご案内する「移住体感ツアー」を行っています。今回、岡山県北部の津山市と美咲町を訪問しました。その内容を2回に分けてお知らせします。1回目は、県北の主要都市「津山市」です。


7月27日(土)津山市

ライトベーレンでの昼食
★津山市の概要説明
・津山市の畜産農家が経営するラントレーベンで食事をとりながら、津山市の概要の説明を受けた。
・発達した交通網、充実した医療機関などが特徴。昔からに牛肉が美味しい地域で、魚も鳥取から朝どれの魚が入荷し食材も豊富である。
・仕事については津山市は企業数3,000といわれ、製造業が多い。また、 医療や福祉系の仕事も多い。
・移住支援の補助金やトライアルワーク、トライアルステイなどの制度も あり興味がある方はご相談を。

★オープンファクトリー
製造業が盛んな津山地域の企業が協賛し実施されている、「つやまエリアオープンファクトリー2019」に参加し、企業紹介、工場見学、ものづくり体験を行った。

(株)イマガワの職業体験
(株)イマガワ
・国産材の杉・檜を使った建具を製造。大手企業では真似できない緻密な工程で作り上げる製品が特徴である。オリジナルの建具が「グ ッドデザイン賞」を受賞している。
・会社内に大阪から移住して、転職された方がおられ、先輩移住者としての話をしていただいた。妻の実家が津山にあったことや木を使った製造業に就きたいという希望が決め手となったとのこと。
・移住して2年、当初は知り合いがいなく不安であったが、趣味のフッ トサルを通じて知り合いが増え、職場の人間関係も良く現在では 生活に慣れてきたところである。


(株)本山合金製作所
(株)本山合金製作所
・顧客満足、継続、従業員満足を経営理念の柱としている。
・主力商品は金型部品およびその他機械部品と工業用スプレーノズルで、大手メーカーの下請けではない独立した部品メーカーのため、経営的に安定している。
・要求精度は±0.002mmであり、昼夜年間を通じて室温を22度に保つなどの徹底した管理により、精密な金型部品の製作を実現している。
・グループ会社(株式会社東海合金製作所)で炭化タングステンなどを主原料としたダイヤモンドに次ぐ硬さを有する超硬合金を精製し、これを素材に精密な金型関係部品を作っている。
・超硬合金メーカーは国内で大手を含めても20~30社ほどしかない。そのうち、超硬合金の素材から完成品である金型まで生産できるメーカーとなると非常に少ない。
・社員の技能の証として、社員116名中約55名が国家資格の技能士を取得している。

★津山市の生活関連施設を車窓から
・買い物施設、金融機関、学校、保育所、病院、市役所、公園、直売所な どを約1時間かけて車窓から見学
・津山で生活するには成人に1台車があった方がよいとアドバイスがあっ た。


無料職業相談
★お試し住宅の見学(津山ぐらしトライアルステイ)
・材木町にあるお試し住宅を見学。キッチン以外に6~7部屋あり、家 具や食器も付いており、部屋の状態も良かった。3~7日の滞在で体験料は1万円とのことで格安と感じた。

★無料職業相談
・事前に申込があった、3名の無料職業相談を津山圏域無料職業紹介センターで実施。1人約30分

★夕食をとりながらの先輩移住者との交流会
先輩移住者2名を招き夕食をとりながら、交流会を行った。
交流会

【橋本 久美子さん】
・自分の人生に悔いを残したくなく広島からの移住を決断。古民家を改 修して住むのが夢で、色んな地域を検討し、最終的に津山に移住した。
・人間関係の不安が大きかったが近隣の住民が親切にしてくれた。
・収入面も心配したが、現在では移住前と同程度の収入を得ている。
【武田帆南さん】
・以前からものづくりが好きで、鳥取中部地震をきっかけに防災に関わるものづくりに携わりたいと考える様になった。そんな中、現在勤めている会社が耐震性のある天井として膜天井という商品をつくっている事を知り、その会社への就職を機に津山へ移住した。


【お問い合わせ】
岡山県 中山間・地域振興課 移住促進班(月~金 9:00~17:00)
【住所】〒700-8570 岡山県岡山市北区内山下2-4-6 岡山県庁8F
【電話】 086-226-7862  【E-mail】uij@pref.okayama.lg.jp
とっとり・おかやま新橋館「移住・しごと相談コーナー」(毎日 10:00~18:00(木・金・土は~20:45))
【住所】〒105-0004 東京都港区新橋1-11-7新橋センタープレイス2階
【TEL】03-6280-6951 【E-mail】uij@pref.okayama.lg.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

なんでも統計局 by PR TIMESの他の記事