【令和のトレンドはアクティビティ型キャンプへ】「夏の人気アウトドアレジャー・ランキング」とそとあそび研究家による「アウトドアレジャー・トレンド」を発表

プレスリリース配信元:株式会社アカツキ

株式会社アカツキの子会社、株式会社そとあそび(本社:東京都品川区、代表取締役社長:高橋 大哲)が運営する日本最大級のアウトドアレジャー専門予約サイト「SOTOASOBI(そとあそび)」 は、「夏の人気アウトドアレジャー・ランキング」と、そとあそび研究家 山本 貴義による「アウトドアレジャー・トレンド」を発表します。



◼️夏の人気アウトドアレジャー・ランキング(7月-8月予約分:2019年6月時点)
SOTOASOBI 1位 ラフティング、2位 カヌー・カヤック、3位 キャニオニング、シャワークライミング、4位 シュノーケリング、5位 シーカヤック
SOTOASOBI KIDS(親子専門サービス)1位 シーカヤック、2位 ラフティング、3位 シュノーケリング、4位 カヌー、カヤック、5位 キャニオニング、シャワークライミング

◼️令和のトレンドはアクティビティ型キャンプへ(そとあそび研究家 山本 貴義)
暖冬の影響で海・川レジャーは春先から予約が増加。夏に向け一層伸びています。そんな令和の幕開け、成長が期待されるのはこれらのアクティビティにキャンプ要素がプラスされた体験です。例えば、ラフティングやSUPなど水辺のレジャーに宿泊やバーベキューなどのキャンプ要素がプラスされたツアーなどは最近非常に人気です。背景にはキャンプブームの再来があるでしょう。ライトな「グランピング」の流行、芸人ヒロシさんによるソロキャンプ動画チャンネルの登録者数41万人というニュース、女子高校生のキャンプがテーマのテレビアニメ「ゆるキャン△」(作:あfろ/芳文社刊)ヒットなど、キャンプ関連コンテンツに勢いがあります。また、今年3月には世界最大のスポーツ用品チェーン「Decathlon(デカトロン)」が日本進出。低価格のアウトドア用品が話題に。そとあそびの価値が高まると同時に、さらに身近になっていくことは、人生100年時代・一億総活躍社会など大きなテーマが横たわるこの時代にもマッチしていると考えています。


◼️アクティビティ+キャンプ要素を楽しめるツアー例
(左)SUPクルージングとビーチキャンプ1泊ツアー。 テラワークス(沖縄:本島) (右)石垣島で満点の星空観察で「キャンプ気分」を。 オリオン(沖縄:石垣島)
◼️株式会社そとあそび 会社概要
株式会社そとあそびが運営する「SOTOASOBI」は、国内最大級のアウトドアレジャー専門の予約サイトです。全国のアウトドアレジャーの中から、「SOTOASOBI」独自の安全基準を満たした安心で満足度の高いツアーをご紹介しています。アウトドアレジャーが初心者の方にも、自然の中であそぶことが大好きな方にも、心と身体の全部で自然をあじわっていただく特別な体験時間を提供すること、その活動を通じて日本のアウトドアレジャー業界全体の信頼向上に寄与することをビジョンとしています。




◼️株式会社アカツキ  会社概要
アカツキは、心が求める活動がみんなの幸せの原動力となる世界「A Heart Driven World.」をビジョンとしています。モバイルゲーム事業、リアルな体験を届けるライブエクスペリエンス事業を柱として、心が踊り、感動とつながりをもたらすエンターテインメントをグローバルに展開しています。私たち自身がワクワクしながら作ったものが誰かの心を動かし、一人ひとりの人生を豊かに色づけていくと信じて、これからも世界をカラフルに照らしてまいります。





企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

なんでも統計局 by PR TIMESの他の記事