「人生100年時代」を考える。

「人生100年時代」が現実のものになろうとしている今、働き方も含めて多様な生き方が選択できる一方で、将来への漠然とした不安もある。よりよい未来とするために様々な角度から考える。

自宅での最期を願う高齢者4人のうち3人が病院で亡くなる現実 “異色”医師が挑むこれからの「在宅医療」

森下知哉
カテゴリ:国内

「いまがいいとは思わない」94歳の母を介護するフジテレビ・須田アナウンサー 施設か自宅か葛藤の日々

森下知哉
カテゴリ:国内

なぜ私の夫は家に帰ってこない?“帰宅恐怖症”になりがちな夫婦のタイプ

FNN.jp編集部
カテゴリ:暮らし

「見える化」と「ご褒美」で“ピンピンコロリ”社会へ!ノーベル賞の理論活用で新しい社会保障改革

工藤三千代
カテゴリ:テクノロジー

移住し夫婦でカフェ経営を始めたが…早期リタイア後の暮らしに潜む落とし穴

FNN.jp編集部
カテゴリ:暮らし

人生100年時代…なのに『定年後も働きたい』若者がほとんどいない理由

プライムニュース イブニング
カテゴリ:国内

「1000円カット」が超高齢社会へ挑戦

鈴木款
カテゴリ:国内

51歳で早期リタイアし、沖縄で民宿経営【人生100年時代の選択】

FNN.jp編集部
カテゴリ:国内

余裕ある老後の知恵は 節税で見えてくる”イデコ”のいいとこ

智田裕一
カテゴリ:国内

「給料を上げない」という選択。『人生100年時代』に我々はどう生きるか

FNN.jp編集部
カテゴリ:暮らし