全国的に暑い日が続く中、熱中症を予防するためには、エアコンの適切な使用が欠かせないと言われている。一方で政府は、夏としては7年ぶりに全国の家庭や企業に節電を要請している。

その節電の方法として、よく目にするのが、エアコンの「フィルター掃除」や「室外機周辺の片付け」だ。実際のところ、どれだけ節電の効果があるのだろうか?

こうした中、ダイキン工業がエアコンの節電効果の検証を行い、その結果を8月9日に公表した。

この検証は1つの住宅を使用し、天気や気温などの条件が近い、複数の日に実施したもの。そのため、厳密な同じ条件での比較ではない。「調査結果はあくまで、今回の条件に基づくものであり、住宅やエアコン、気候によって結果は変わる」としている。

今回の検証を行った場所(提供:ダイキン工業)
今回の検証を行った場所(提供:ダイキン工業)
この記事の画像(9枚)

検証では「省エネ性が低い2006年製のエアコン」と「約3年分のホコリが溜まったフィルター」を使用。

省エネ性が低い2006年製のエアコンを使用した理由については「2010年以前に製造されたエアコンを所有する家庭は32.8%にのぼり、最近の機種よりも省エネ性が低いエアコンが多くの家庭で使われていることから、省エネ性が低い古いエアコンを使って検証している」としている。

約3年分のホコリが溜まったフィルターを使用した理由については「エアコンのフィルターを1年間掃除しないと消費電力量が約25%増加する場合があると試算されている。さらに長い期間、フィルター掃除をしていない方も一定数いると考えられるため、約3年分のホコリが溜まったフィルターを用いている」と説明している。
 

このような条件のもと、「約3年分のホコリが溜まったフィルターを掃除すると、消費電力量やCO2(二酸化炭素)の排出量はどのくらい変わるのか?」を検証。

「フィルター掃除」で1カ月あたり800円

エアコンの「フィルター掃除あり」の場合と「フィルター掃除なし」の場合とで、日中9時間(9時~18時)、エアコンをつけっぱなし(冷房運転、風量自動)にして、消費電力量を計測し、1カ月あたりの電気料金とCO2の排出量を調査した。

なお当日の気象条件は、「フィルター掃除なし」の実施日が「晴/最高気温33.0℃/平均気温28.9℃」で、「フィルター掃除あり」は「晴/最高気温33.5℃/平均気温29.6℃」だった。

「フィルター掃除なし」と「フィルター掃除あり」の比較(提供:ダイキン工業)
「フィルター掃除なし」と「フィルター掃除あり」の比較(提供:ダイキン工業)
検証の実施条件(提供:ダイキン工業)
検証の実施条件(提供:ダイキン工業)

その結果、「フィルター掃除あり」は「フィルター掃除なし」に比べて、フィルターの目詰まりで余分に発生していた48.9%分の消費電力量が削減され、1カ月あたりの電気料金で800円、CO2排出量が11.7キロ削減されたことが分かった。

エアコンの「フィルター掃除」の有無による消費電力量、電気料金、CO2量の比較(提供:ダイキン工業)
エアコンの「フィルター掃除」の有無による消費電力量、電気料金、CO2量の比較(提供:ダイキン工業)

「フィルター掃除」+「室外機周辺の片付け」の節電効果

続いて、「フィルター掃除に加えて、室外機周辺も片付けると、消費電力量やCO2排出量はどのくらい変わるのか?」を検証。

「エアコンの『フィルター掃除なし』かつ、室外機周辺に『障害物あり』」の悪条件と、「『フィルター掃除あり』で室外機周辺に『障害物なし』」の好条件で、それぞれ、日中9時間 (9時~18時)、エアコンをつけっぱなし(冷房運転、風量自動)にして、消費電力量を計測し、1カ月あたりの電気料金とCO2排出量を調査した。

悪条件と好条件の比較(提供:ダイキン工業)
悪条件と好条件の比較(提供:ダイキン工業)
検証の実施条件(提供:ダイキン工業)
検証の実施条件(提供:ダイキン工業)

結果、フィルターのホコリや室外機周辺の障害物を取り除いたことで、余分に発生していた105.1%分の消費電力量が削減され、1カ月あたりの電気料金は1720円、CO2排出量は25.2キロ削減されるという大きな効果が得られた。

「フィルター掃除」と「室外機周辺の障害物の有無」による消費電力量、電気料金、CO2排出量の比較(提供:ダイキン工業)
「フィルター掃除」と「室外機周辺の障害物の有無」による消費電力量、電気料金、CO2排出量の比較(提供:ダイキン工業)

これらの結果から、「フィルター掃除」をしないと約1.5倍、「フィルター掃除」と「室外機周辺の片付け」のどちらもしないと約2.1倍の電力消費につながる可能性があることが分かった。

「フィルター掃除」「室外機周辺の障害物の有無」による消費電力量(提供:ダイキン工業)
「フィルター掃除」「室外機周辺の障害物の有無」による消費電力量(提供:ダイキン工業)

これらの結果を受け、ダイキン工業は「エアコンのフィルター掃除だけでなく、室外機周辺に障害物がないかについても一度確認してみることをおすすめする」としている。
 

この検証結果、節電に役立つ有益な情報なのだが、そもそも、このような検証を行った理由は何なのだろうか? また、今年は「猛暑」と「節電」という異例の夏となっているが、この状況をどのように乗り切ればよいのか?

ダイキン工業の広報担当者に聞いた。

「エアコンを上手に使って、健康な夏を過ごしてほしい」

――このような検証を行った理由は?

ダイキン工業は“空気で答えを出す会社”として、空気にまつわる課題や悩みごと、素朴な疑問を自ら調査する『ダイキン空気のお悩み調査隊』の活動を2011年より継続しています。

2022年は電気代の高騰や7年ぶりの節電要請により、節電の重要性が増しており、特にエアコンは、夏のピーク時における家庭の電力消費の約6割を占めると言われ、節電を意識した使い方の実践が大切です。

そこで、エアコンの基本的な節電策ともいえる「フィルター掃除」と「室外機周辺の片付け」の節電効果を調査し、検証しました。


――では、今年の「猛暑」と「節電」という異例の夏をどのように乗り切ればいい?

エアコンは家庭での電力消費の割合が大きい家電ですが、この猛暑の中で、無理してエアコンの使用を控えることは、熱中症などの体調不良を引き起こすリスクにもつながります。

ぜひ、エアコンを上手に使って、消費電力や環境負荷を抑えながら、快適で健康な夏を過ごしていただきたいと思っています。



エアコンの「フィルター掃除」と「室外機周辺の片付け」にどのくらい効果があるのか、気になっていたが、今回の検証で1カ月あたりの電気料金が1720円も安くなることが分かった。「猛暑」と「節電」という異例の夏を乗り切るためにも、この両方を試してみてはいかがだろうか。