特殊詐欺の手口で盗まれた預金通帳を使って、現金200万円を引き出したとみられる「出し子」の女が逮捕された。この女の年齢は70歳だった。

郵便受けに預金通帳を・・・

この事件の被害者は、東京・江戸川区に住む80代の女性。6月14日、女性宅に、銀行職員を名乗る男から電話があったとのこと。「通帳を交換する必要がある」という趣旨の内容だったそうだ。女性は、男の言われるがままに、自宅の郵便受けに預金通帳を入れた。その通帳は、何者かが持ち去り、盗んでいったとみられる。

その後、”銀行”から連絡が来ないことを不審に思った女性が、息子に事情を打ち明けて、事件が発覚。最寄りの警視庁小松川署に相談が寄せられたのは、詐欺電話があってから4日後の6月18日だった。

逮捕された今崎典子容疑者(70)(6月30日 小松川署)
この記事の画像(13枚)

詐欺被害の”通帳”から200万円引き出される

実は、その後、この通報を使って、合わせて4回、現金が引き出されていた。詳細は以下の通り・・・①6月15日・神奈川県のATMで50万円、②③6月16日~17日・神戸市の同じ郵便局ATMで2回・合わせて100万円、④6月18日・大阪市の郵便局ATMで50万円。

そして、6月19日、5回目の”引き出し”が行われようとした際に、ついに不正利用が発覚した。前日の18日、女性が被害相談したことで、金融機関に連絡が回った結果だろう。現場は神戸市内の郵便局。ATMに通帳が入れられた途端、金融機関側が不正を察知。通報を受けた兵庫県警の警察官が、現場の郵便局に向かうも、すでに容疑者は逃走した後だった。

ただ、防犯カメラの映像分析などから、すぐに容疑者は特定された。それが今崎典子容疑者(70)だった。今崎容疑者は、6月30日に逮捕された。容疑は、前記②③の現金100万円を引き出した窃盗容疑だ。

「詐欺被害者の通帳だとは思わなかった」

今崎容疑者は、神戸市東灘区在住。被害者の女性が住む東京・江戸川区からは、かなり距離がある。どのような経緯で、通帳が、今崎容疑者の手に渡ったのか。それは分かっていない。しかし警視庁は、②③の他に、前記①④についても、今崎容疑者の犯行とみている。

今崎容疑者は、被害者の通帳を使って、合わせて4回・200万円を引き出したとされる

①の現場は、神奈川県内の郵便局だ。今崎容疑者は、盗み出された通帳を持って、関東から関西に戻り、犯行を重ねたのだろうか。調べに対して今崎容疑者は「他人名義の通帳から、2日間かけ、現金100万円を引き出した事実に間違いありません」と供述。

しかし、「通帳が特殊詐欺の被害者のものだとは思わなかった」「知人の男から、通帳を使って現金を引き出して欲しいと頼まれた」などと話しているという。一部、容疑を否認ということだ。小松川署は、知人の男を探すとともに、通帳入手の詳しい経緯を捜査している。

「高齢」「女」の出し子・受け子は何人いるか

ところで、70歳という”高齢”の、しかも”女”の出し子・受け子は、どれぐらいいるのか。警察庁によると、去年、全国で検挙された特殊詐欺事件の容疑者は2374人。このうち男は2150人、女は224人。男女比は、おおむね、男9:女1だ。

高齢の女が「出し子」に・・・。犯行グループの狙いは(画像はイメージ)

検挙された224人の女を、年代別に見ると、最も多いのは、20代で1206人。次に多いのは、驚いたことに10代の少女で464人だった。高齢者に当たると言える60歳以上は、合わせて5人だった。容疑者全体で見れば、わずか5人だ。

しかし、犯罪グループにとっては、高齢で、しかも女の”出し子”を使うメリットはあるだろう。高齢女性の通帳を使って、高齢の女が、現金を引き出しているとなれば、あまり不審には思われまい。それを狙って、高齢の女をスカウトして、メンバーに引き入れているとしたら、特殊詐欺事件の”根”は、本当に深い。

記事 930 社会部

今、起きている事件、事故から社会問題まで、幅広い分野に渡って、正確かつ分かりやすく、時に深く掘り下げ、読者に伝えることをモットーとしております。
事件、事故、裁判から、医療、年金、運輸・交通・国土、教育、科学、宇宙、災害・防災など、幅広い分野をフォロー。天皇陛下など皇室の動向、都政から首都圏自治体の行政も担当。社会問題、調査報道については、分野の垣根を越えて取材に取り組んでいます。