異例の早さで夏本番を迎えている日本列島。都心では猛暑日が続き、体が冷たい飲み物や食べ物を欲しているのではないだろうか?

そんな中で暑い夏にぴったりな新しいスタイルの「アイス」が誕生し、ネットでは「暑い日に食べたら最高だろうな」「こういうの待ってた~!」と話題になっている。

株式会社ロッテが手がける“飲むアイス”の「クーリッシュ」ブランドから「クーリッシュ フローズンサワー」がテスト販売を始めたのだ。

提供:ロッテ
この記事の画像(16枚)

クーリッシュでは初となるアルコール分5%を含んだ本格的なお酒が楽しめるアイスで、味は「レモンサワー」と「グレフルサワー」の2種類。

レモンサワー(果汁率9%)とグレフルサワー(果汁率19%)ともに、果肉・果皮をすりつぶした「コミュニテッド」素材を使用し、甘さだけでなく苦みもある本格的なフルーツ感を楽しめるという。内容量は140mlで、アイスの「クーリッシュ」と同様に、微細氷が入っていて、冷たくてシャリシャリとした食感が特長だ。

左:クーリッシュフローズンレモンサワー 右:クーリッシュフローズングレフルサワー(提供:ロッテ)

「クーリッシュ」ならではのパウチ型の容器と、冷凍下における流動性を保つ技術によって、“フローズン”状態のお酒の美味しさが楽しめる商品。缶や瓶ではできないパウチ型ならではの新しい飲み方のスタイルや飲用シーンを訴求していくという。

実際に“試飲”させてもらった

本格的なお酒が楽しめるアイスとは、どのような味なのだろうか? 6月27日から一部の企業店舗やECサイトなどで順次発売している商品を、編集部で“試飲”させてもらった。

まず、キャップを開けるとフルーツの爽やかな香りが広がってくる。どちらも一口目はアルコールを感じることはなかったが、柔らかいシャーベット状で飲み込みやすく、次第にお酒が体中に行き渡っていくのがわかる。アルコール度数が高いわけではないのに、通常のサワーよりも酔いが早いようにも感じた。

筆者が普段あまりお酒を飲まないからかもしれないが、一つを飲み終わる頃には顔が赤くなり、サワーを2杯ほど飲んだ気分に。味は「レモンサワー」が甘味と苦味の両方、「グレフルサワー」は酸味のある甘味と爽やかな香りが特徴的だった。

また、通常のクーリッシュほどの固さはなく、冷凍庫から出してすぐにシャーベットのような感覚で味わえた。

冷たいアルコールを楽しめるので、真夏のBBQやキャンプにはいいのではないかと感じた。お酒とアイスを同時に楽しめる新しい体験ができることだろう。

ゼロからのスタート 開発期間3年

とても新感覚なアイスだったが、どのようにして生み出したのだろうか? またパッケージもアイスの「クーリッシュ」とそっくりで、お酒とわからずに購入してしまう人もいるかもしれないが対策はどうしているのだろうか?開発の経緯や注意点などを担当者に聞いてみた。


ーー「クーリッシュ フローズン サワー」を開発した経緯を教えて

20~30代のアルコール飲用者のインタビュー調査にて、アイスクリームに求める価値とRTD(購入後そのまま飲める缶やペットボトル入り飲料)に求める価値が近いことに注目し、クーリッシュで培った技術や容器の利便性が、新しいアルコールの美味しさや飲用スタイルを提案できると考え、開発を致しました。

アイデアは、氷点下のビールを飲んだ時に、もっと冷たくてシャーベット状のお酒が飲めたらどこにもない食感と冷たさの体感ができるのではと思いつきました。

提供:ロッテ

ーーどうして「レモンサワー」「グレフルサワー」の2種類なの?

20~30代の若い世代に人気があり、幅広いお客様に日常的に選んで飲んで欲しかったことや、家や外などあらゆるシーンにマッチするフレーバーとして選択しました。

ーーこだわった部分は?

液体のサワーをそのまま凍らすと、アルコールが分離してしまい、美味しくありません。そのためアルコールとフルーツシャーベットが分離せず一体感ある味わいが楽しめるようにしました。

また、果汁だけでなく、果皮もすりつぶした原料を使用することで、フルーツの甘さだけでなく、苦みもある本格感を追求しました。

フーリッシュ フローズン レモンサワー(提供:ロッテ)

ーー完成するまでに苦労した部分は?

2004年以降酒類の製造を行っておらず、当時のメンバーもいなかったことから、製造、レシピのノウハウなど酒類に関して、知識がなく、ゼロベースで研究開発、製造、免許取得など、メンバーが手探りで行ったことです。

2019年5月頃から開発がスタートし、商品だけでなく、デザイン、生産体制、酒類製造・卸販売免許取得、販売体制など、世の中に出すまでに3年を費やしました。

真っ赤になりながら試行錯誤

ーーやっと完成したとき、どう思った?

研究担当者と真っ赤になりながら、試作と評価を何度も重ねてきましたので、完成した時は、自信をもって、お客様にお届けできるって思いました。

興味を持って買って頂いたお客様ががっかりしないように、商品の品質については何回も試作評価を繰り返しました。1日に2〜3個試飲することもあり、酔ってしまうことがあり、私自身そこまでお酒に強いわけではないため大変でした。


ーー社内での反応はどう?

まさかのクーリッシュでお酒が楽しめるという斬新さと想像以上の本格的なお酒であったことに驚かれ、飲んだほとんどの方から「これは美味しい!」という評価をもらいました。

クーリッシュ フローズン グレフルサワー(提供:ロッテ)

ーー実際に飲んでみて、どうだった?

シャーベット状の新しい食感と冷たさの本格的なお酒が楽しめるため、炎天下で飲んだら絶対に気持ちいい~!となると思いました。また、1個でほろ酔いになれてしまいます。

ーー新しい“飲むアイス”は、どうやって楽しんで欲しい?

20~30代の若い世代がターゲットです。また、フローズン状の冷たいお酒ですので、音楽フェスや野球観戦など、暑い夏空のもと味わって欲しいですが、それだけでなくパウチ容器に入っておりますので、こぼれる心配がないため、ソファでリラックスした状態でもおすすめです。

提供:ロッテ

ーー注意点を教えて。

風味の目的でお酒を使用しているわけでなく、お酒を楽しむための商品なのでアルコールがしっかり入っております。そのため、未成年の飲酒、飲酒運転、妊娠・授乳中の飲酒につながらないように注意する必要があります。

明確にお酒であることを認識して頂く必要がありますので、アイス売り場から離して販売すること、店頭POPを取り付け、お酒のコーナーとして展開するように致します。また、専用のツイッターアカウントを立ち上げており、間違わないように定期的に注意喚起をしていきます。

提供:ロッテ

ーー今後の予定を教えて

6月27日からAmazonでのテスト販売を開始しており、その後も一部の小売業様、球場、音楽フェスと順次展開致します。そこでのお客様の反応や店頭での動向を踏まえ、今後の展開について決めていきたいと考えております。



これからの暑い夏に活躍しそうな新しいアイス。いろんなシーンで楽しめると思うが、1個でほろ酔いになるため、アルコールが苦手な人や飲み慣れていない人は、一気に飲まず少しずつ飲むことをおすすめしたい。

なお販売先の最新情報は、クーリッシュフローズンサワー公式Twitterアカウントで随時発信されるため、気になる人はこちらをチェックしてほしい。

記事 4310 プライムオンライン編集部

FNNプライムオンラインのオリジナル取材班が、ネットで話題になっている事象や気になる社会問題を独自の視点をまじえて取材しています。