電車内でタバコを吸って、注意してきた男子高校生に暴力を振るい、大ケガをさせた上、取り調べの際には、副検事に向かって、暴言を繰り返したとされる男。今月16日に行われた初公判では、驚くべき事件の真相が語られた。

電車内でタバコ 注意され高校生を”ボコボコ”に

取材などによると、今年1月23日、栃木県・下野市を走行中のJR宇都宮線の車内で事件は起きた。元ホストの宮本一馬被告(28)は、車内の優先席に寝そべり、加熱式たばこを吸っていたという。それを見かねた17歳の男子高校生(当時)が注意したそうだ。

ところが、宮本被告は、突然、男子高校生の胸ぐらをつかみ平手打ち。そして「クソガキ。土下座せえや、早く。謝れや、頭下げろや、謝れや」などと迫って、土下座をさせたという。その上で、頭を踏みつけ、顔を蹴るなどしたとのこと。

送検される宮本一馬被告(28)(1月25日 下野署)
この記事の画像(8枚)

さらに暴行は続いた。電車が自治医大駅に到着した後も、宮本被告は、ホーム上で、男子高校生の腹を複数回蹴り、顔を殴るなどしたとされる。男子高校生は、ぜんそくの持病があったため、「たばこをやめてくれませんか」と頼んだところ、宮本被告が逆ギレしたという。被害者の高校生は、全治6カ月の重傷を負った。

当然、宮本被告は逮捕され、のちに強要罪(無理矢理、土下座をさせた行為)と傷害罪(暴行して、ケガをさせた行為)で起訴された。しかし、宮本被告の”傍若無人”な振る舞いは、これでは終わらなかった。その後の捜査の過程で、別の事件が起きた。

「マジ暴れる、普通にシバき回すぜ」副検事に悪態

今年2月1日午後、現場は宇都宮地検栃木支部の検察官室。宮本被告は、取り調べを担当した副検事に対して、罵詈雑言の数々を浴びせかけたという。「あんま人をバカにしたしゃべり方すんなよ」「ほんまに次こそ暴れ回すぞ」「俺暴れる時、マジで暴れるぞ」「俺、電車の中でも暴れる奴だから」。

暴行現場となったJR宇都宮線(今年1月)
宮本被告は、電車内の優先席に寝そべり、タバコを吸っていたという。

取り調べの可視化に伴い、検察官室にはカメラが設置され、宮本被告と副検事のやり取りは録音録画されていた。しかし、そんなことにはお構いなく、宮本被告は「カメラ関係あるかい」「ほんま、ここ乗り上げてボコボコにするぞ」と脅迫。

また「犯罪する奴、どこでも犯罪すんねん、分かってんのか」「俺、むかついたら普通にシバき回すぜ」と脅した他、「気をつけろよって言ってんねん、しゃべり方な」「女には手上げへんけど、男には手上げるからな」などとまくし立てたという。

この”悪態”の数々により、宮本被告は、副検事に対する公務執行妨害罪でも起訴された。そして、今月16日、宇都宮地裁栃木支部で、初公判が開かれた。

「間違いありません」初公判で、あっさりと起訴内容を認めた宮本被告。続いて行われた被告人質問では、被害者の男子高校生に、タバコを注意されたことについて、「ケンカを売られたと思った」などと主張した。

「ケンカ負けたら土下座させてた」

検察官:被害者から先に暴行されたと言っていましたが、内容は?
宮本被告:首と左肩あたりを押されました。
検察官:その時どう思った?
宮本被告:不良にケンカを売られた。先に手を出されたと思ってキレてしまった。
検察官:被害者を17歳の高校生だと思いませんでしたか?
宮本被告:思いませんでした。ガタイもデカイし、格好も不良だったので。
検察官:暴行していて、相手はケンカ慣れしてないと思いませんでしたか?
宮本被告:最初は思わなかったが、途中から気づきました。

初公判で宮本被告は起訴内容を認めた(今月16日 宇都宮地裁栃木支部)

被害者に土下座をさせた後も、執拗に、暴行を繰り返したとされる宮本被告。その動機については、次のように説明した。

検察官:なぜ土下座までさせた。タバコを吸っていて、悪いのはあなたですよね?
宮本被告:以前からケンカして負けたら土下座をさせていた。自分も負けたら土下座していた。
検察官:土下座させてからも執拗に暴行していますよね。
宮本被告: 頭に血が昇って、ワケが分からなくなって。
検察官:あなたの左フックで、被害者が骨折したのは分かりましたか?
宮本被告:はい、(手の)感触で折れたのが分かりました。

宮本被告は、電車内で、被害者に土下座をさせて暴力を振るったという(画像はイメージ)

倒れた被害者を撮影 その後、ホスト用の写真撮影

そして検察官から、倒れている被害者を、”写メ”したことについて問われると、宮本被告は、言葉を濁した。その画像は、知人女性に、LINEで送られていたという。さらに、法廷では、宮本被告が、被害者を”ボコボコ”にした後、何食わぬ顔をして、東京・新宿まで行き、ホストクラブ用の宣伝写真を撮影していたことも明らかにされた。

新宿から栃木に戻った後、宮本被告は逮捕されたワケだが、その際、被害者に暴力を振るったことを忘れていたという。一方、副検事に対して、暴言を繰り返したことについて宮本被告は、「話したくないと言っても、同じことを何度も何度も、しつこく聞かれてイライラしてしまいました」と説明。

電車が自治医大駅に到着後も、執拗な暴行は続いたという(今年1月)

ただ、被告人質問で検察官から、「あなたはホストをしていたんですよね。客にムカつくことを言われたら殴るんですか?」と問われると、宮本被告が「そこは仕事なんで」と述べる場面もあった。

後遺症に悩まされる被害者 被告に懲役3年求刑

法廷では、現在、大学生となった被害者の手記が代読された。その中には「取り調べ中に検察官を脅して、また捕まったと聞いた時、まだ反省などしていないのだなと思った。できる限り長く刑務所で反省してほしい」と綴られていた。被害者は、今も、電車に乗ろうとすると、動悸が早くなったり、体がこわばるなど、”後遺症”に悩まされているという。

検察側は「罪の意識も皆無で、真摯な反省が見られない」として懲役3年を求刑。これに対して弁護側は、宮本被告が、軽度の精神障害の状態にあると指摘し、「大々的に報道され社会罰も受けている」として執行猶予付きの判決を求めた。裁判は、この日で結審し、判決は7月19日に言い渡される。

検察側は「真摯な反省が見られない」などとして懲役3年を求刑した。
記事 930 社会部

今、起きている事件、事故から社会問題まで、幅広い分野に渡って、正確かつ分かりやすく、時に深く掘り下げ、読者に伝えることをモットーとしております。
事件、事故、裁判から、医療、年金、運輸・交通・国土、教育、科学、宇宙、災害・防災など、幅広い分野をフォロー。天皇陛下など皇室の動向、都政から首都圏自治体の行政も担当。社会問題、調査報道については、分野の垣根を越えて取材に取り組んでいます。