娘と気軽に約束をしたら、とんでもないことに…。そんな出来事がTwitterで話題となっている。

ユニユニ(@Yu2_yuni)さんが6月5日に投稿したのは「手動扇風機」(名称:虹)の動画。8歳の娘さんが手作りしたもので、クランク状の持ち手を回すと前方の羽部分が連動し、回る仕組みになっている。

手動扇風機「虹」(提供:ユニユニさん)
この記事の画像(12枚)

素材は、不要になったティッシュの空き箱やキッチンペーパーの芯などで、娘さんが楽しそうに回していた。ほほ笑ましい動画だが…事態は急展開を迎える。

実は娘さんは事前に「ついったーに上げて、いいね貰った分だけ1円ちょうだいね、材料買うから」とお願いし、ユニユニさんは「大丈夫、パパのフォロワー少ないから」と約束していたのだ。

投稿文では「大丈夫」としていたが…(Twitterより)

まさかの40万「いいね」!父親は焦り

そして待っていたのは、想定外の“バズり”だった。娘さんの頑張りなどが評価され、投稿翌日には「いいね」が10万以上に。その後も増え続けて40万以上にのぼっている。(6月15日時点)

いいねがとんでもないことに(Twitterより。6月15日時点)

ユニユニさんも最初は喜んでいたが、次第に「汗が止まらない…あ、扇風機ある」とつぶやくなど余裕がなくなり、13万いいねの時に締め切りを希望。Twitterでは「お父さん大丈夫ですか?(笑)」といったコメントもあったが、「1いいね=1円」の約束はどうなるのだろうか。

発想は「デパートのガラガラくじ」…娘さんに聞いた

まずは手動扇風機について、娘さんに聞いてみた。

――どうして手動扇風機を作ろうと思ったの?

自分で動かせる扇風機を作ってみたいと思いました。材料は空のティッシュ箱×2、キッチンペーパーの芯×2、サランラップの芯×2を切って、セロハンテープでくっつけます。

横から見るとこんな感じ(提供:ユニユニさん)

――制作で工夫したところ、苦労したところは?

デパートのガラガラ(くじ)の持ち手の部分を真似して、羽根が回しやすいように工夫しました。持ち手の長さと太さが合うように調節するのに苦労しました。
 

――どうして名前を「虹」にしたの?使い心地は?

名前は(ティッシュ箱の)nanacoの模様(七色)から虹としました。パパが虹みたいと言ったからです。さわやかな風が吹いて、虹がかかります。

「虹」という名前は父親の感想から(提供:ユニユニさん)

――「1いいね=1円」のお願いをしたのはなぜ?

この扇風機なら、たくさんいいねしてもらえると思ったからです。
 

娘さんの予測が見事当たりバズったわけだが、その後はどうしたのだろう。ユニユニさんに事の顛末を聞いた。