「日本のパラリンピックを創ったチェンジメーカー」(後編)

「日本のパラリンピックを創ったチェンジメーカー」(後編)

東京パラリンピック開催にこぎつけた中村さんは、会場で外国人選手が健常者と同じように生活を楽しむ姿を見て、日本の障がい者に雇用の場を作ることを次の目標にした。その翌年、中村さんは、障がい者の雇用と生活を支援する社会福祉法人「太陽の家」を別府に創設した。

鈴木款
鈴木款
国内
記事に戻る
記事に戻る
×