血液検査で胎児のダウン症を診断…  高齢妊娠、そして「新型出生前診断」の現実と課題

血液検査で胎児のダウン症を診断… 高齢妊娠、そして「新型出生前診断」の現実と課題

日本産科婦人科学会は、認定を受けずに「新型出生前診断」を行っていた3つの施設の医師を先日処分しました。 高齢妊娠の増加もあり、受診が年々増加する「新型出生前診断」。 診断結果によっては、妊婦さんと家族は重い判断をしなければなりません。 ただ、そのために与えられる時間はとても短いことはあまり知られていません。

高山哲朗
高山哲朗
国内
記事に戻る
記事に戻る
×